2020年03月07日

[レビュー]MAGIA CONTRACT


細々とレビューを書き続けていましたが、数えてみたらこの記事で18本目でした
(+これとは別にふりーむ!へのレビュー投稿が20本(一部ダブり有))。
最初のレビューから丁度4年でこの本数なので本当に「超細々」ですね(汗)。
それはさておき、今回の作品はこちらです。

MAGIA CONTRACT(マルチテイスト様)
ジャンル:ファンタジー
制作ツール:Light.vn
攻略対象:4人
ED数:10
プレイ時間(体感):5時間前後
プレイに至った経緯:ふりーむで見かけて?

magicon1.jpg magicon2.jpg

《ストーリー》(公式HPより引用)
主人公リーベルは、アミュレット(魔法で召喚した守護者)のフォルスと共にエーヴィヒ街にやってきた。
街の領主に魔法使いとしての腕を見込まれ、街を襲う魔物を退治するために呼ばれたのだ。
しかし最近、この街では魔法使いの不審死が多発しているという。
期待と不安を胸にリーベルの新たな生活が始まる。

《レビュー》
eval_magicon.png

攻略対象が3〜5人いる救いありのマルチエンドのファンタジー恋愛ADV、
且つ主人公顔グラフィックあり&姫とかでない…みたいな作品が昔から好きで、
こちらの作品もふりーむかTwitterで一目見たときからプレイしたいと思っていました。
実際プレイしてみて、期待を裏切らない内容で大変楽しめました!

おおよその構成は、
・プロローグ(二週目以降省略可)があり、
・前半パート(4〜20日目まで毎日マップから行き先を選択)
・後半パート(各キャラルートに分かれ、複数の選択肢を含むストーリーが展開される)
となっています。
エンドは10種類、ノーマル・バッド・各キャラごとにEND1/2があります(END1がハッピー寄り)。
一週目は1時間ほどかかるかもしれませんが、前半パートの要領を掴んでしまえば
あとは各キャラ30分くらいでしょうか…すんなり行けば。

程よく歯ごたえのある難易度でした。
まず前半パートから個別に行くにあたり、
魔物を倒す頻度と気になる彼に会う頻度のバランスを掴む必要があります。
それから個別ルートですね。一発でEND1に行けたのはラウトだけでした。
そこそこ際どい選択肢があってルートによっては数週してしまいましたが(汗)落ち着いて選んで何とかコンプリートできました。
現在、完全攻略はありませんがwebサイトに若干ヒントが掲載されています。
前半パートは魔物退治など繰り返してるうちに作業っぽくなってしまう感もありますが、一方で自由度(ゲーム性)という観点では魅力的でもあります。
後半もなかなか正解にたどり着けないと作業化してしまいがちですが、選択肢があるお陰でインタラクティブとも言えます。
今作に関しては作業化してしまう可能性をなるべく抑えつつもゲーム性をしっかり盛り込んだ、いい按配だったのではと個人的には思います。

お話の方も、とても面白かったです。
世界観は魔法ありの一般的なファンタジーかと思われますが、アミュレットの存在が少し独特かもしれません(もし設定があるのであれば、魔法やアミュレットについての詳細も気になるところです。生死について、その他人間との違いについてなどなど)。
個別ルートに入ってからも他の攻略対象が結構出てきてくれます。サブキャラのレアさんやグランデ領主もですね。主人公とそれぞれの人物の関係性がいい具合に絡み合っています。
そして、作品紹介にもある魔法使いの不審死の真相、フォルスがたまに見せる妙な表情、エメリートはなぜ主人公を気にかけるのか…などなど、前半に引っかかっていた部分が各ルートでどんどんクリアーになっていくので読んでいてとても惹きつけられました。

ちなみに攻略順は、最初フォルスを狙うもノーマルエンドに落ちてしまい、その後ラウト→エメリート→リューゲン→フォルスの順で攻略しました。
エメリートは作品紹介の画像を見た時点でツボでしたし、お話も彼のルートが一番お気に入りです。最後のスチルは本当に最高です!
次点でフォルスも気に入ってます。彼は普通にいい男ですがちょっと口が悪かったりするのがミソといいますか。個別ルートも深いです。

スチルが各キャラ9枚ずつあってとても満足です。立ち絵も素敵です、特にレアさんは見入ってしまいました。マップ画面のちびキャラver.も可愛いです。システムグラフィックもすごく綺麗です。
ボイスはフルではないものの結構入っている印象です。ゆえにゲーム本体の容量は500MBほどとなっています。
BGMはオリジナルで、しばしばお名前を聞く真島こころ様の美しいピアノ曲です。サウンドトラックも無料で公開されています(webサイト参照)。

最後にシステム面についてです。
Light.vn製ということでさほど不便はしませんでした。
1つ注意したいのはセーブ枠が9つしか使えない点です。それぞれの個別ルートに入ったときに保存するために4つ使い、それ以外の5つは適宜上書きするという方針で使いました。
また、v1.00でプレイしていましたがフォルスルートで何度か強制終了してしまいました。
別の(少し前の世代の?)Light.vn作品でも見られた現象です。
問い合わせたところ、可能な対策を施してv1.01にアップデートしてくださったので今後プレイされる方々は大丈夫なはずです。
環境にも依存するようなので、万が一強制終了が生じる場合はこまめにクイックセーブをしつつ慎重に進めてみてください、回避できる可能性があります。

改めまして、全体通して大変楽しませて頂きました。
素敵な作品をありがとうございました!
ボイスドラマも制作中とのことで、完成楽しみにしております。

製作サイト様
banner_multitaste.jpg
posted by 倉下 遼 at 09:14 | Comment(0) | 他作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: