2016年04月23日

[レビュー]狂い月


試作評価基準を恋愛ADV以外のゲームに使ってみました。
…というよりは、単にこの作品の感想を書きたかっただけですorz

狂い月(3色ぱん様)
制作ツール: WOLF RPGエディター
攻略対象: ―
ED数: 2種類+α
プレイ時間(体感): 4〜5時間で初回クリア、更に1〜2時間でコンプリか

kurui1.pngkurui2.png

ストーリー(制作サイトより引用)
普段と変わらない日常を送る主人公は
幼馴染みの誘いで部活動に参加する予定だった。
だが、クラスメイトが持ちかけた
《幽霊屋敷》の噂話に巻き込まれ、
4人のクラスメイトと共に屋敷へと足を踏み入れる。

その場所に秘められた真実も知らずに―――


〜 レビュー 〜
eval_kurui.png

探索モノやホラー系は滅多に手を出さないのですが
正直主人公のグラフィックがツボでして…
あまり創作界に居ない感じじゃないですか?
天パ(?)で赤縁メガネ…リアルには居そうなのに。
つか似たような髪型で青縁メガネの知人は居ましたね。
画風も好きだし作風にあってます。
主人公以外も歳相応で変なクセも無く。

絵が上手ければ何でもいいとか
絵が上手いことが必須というスタンスではないつもりですが、
画風やキャラのビジュアルは
作品全体の方向性に通ずるところがありますので
そういう点でやっぱりグラフィックは
プレイする作品を選ぶ際の大きな要素となります。

システムもグラフィックもとにかくハイクオリティです。
随所にムービーも入っています。全体的に、とにかく凝ってます。
探索中にヒント(資料とか)がありますが、ほとんど自分でメモしなくても
ゲーム中のメニューから参照できるので面倒さはありません。
まぁ多少スクショは取りましたけど。
無理なく、ほどよく考えさせてくれる難易度でした。
理不尽にゲームオーバーになることもなく(なってもすぐやり直せたり)。
制作サイト様に攻略のヒントもあります。
最悪youtubeに実況動画もありますので…。

ストーリーは、あまりこの手の作品やらないので
定番か独特かと言われるとわかりませんが…
とにかく、良かったです。トゥルーエンドは衝撃でしたorz
あ、え、そっちなん?!みたいな。詳しくはプレイしてください。
謎解きも、単純なカラクリだけじゃなく
屋敷に住んでいた人たちの人間模様も絡んでいたりして面白い。
勿論ホラーということでおっかないシーンはいっぱいあって
倉下はチキンなので始終涙目でしたorz

屋敷が広くて迷子になるので、あまり日をまたがずに一気にやりました。
特に序盤は時間制限もあったりするので。
時間制限無くなってからも随所でイベントがあったり
その前後で入手できるアイテムや行ける部屋が変化することもあるので
休日を使ってのプレイがオススメかもです(少なくとも忘れっぽい方は)。
この土日の2日間で十分クリアできるというボリュームも有り難いです。

とにかく、文句なしの神作でした!

素敵な作品のご提供に感謝いたします。

制作サイト様

posted by 倉下 遼 at 22:58 | Comment(0) | 他作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: