2016年03月26日

[レビュー]スペースアイドル☆コスモちゃん


試作評価基準に基づく
最近プレイしたゲームの連続レビュー第三弾です。

スペースアイドル☆コスモちゃん(half様)
制作ツール: LiveMaker
攻略対象: 1…?
ED数: 5
プレイ時間(体感): 初回一周30分程度、コンプリまで2時間程度か

cosmo2.pngcosmo1.png

ストーリー(制作サイトより引用)
アイドルデビューしたものの、なかなか売れない主人公・コスモ。
マネージャー兼用心棒のアリエルと共に宇宙一の
トップアイドルを目指すために立ち上がる!

〜 レビュー 〜
eval_cosmo.png

昨今のゲームにしては軽いのが地味に気に入りました。
プレイ時間もそうですがデータ容量もとっつきやすさに効いてきます。
(自作品はあまり軽量化できなくてですね…悔しい。)

登場人物2人でここまで作りこんでしまうとは。
それでも素材や演出の選び方故でしょうか、さほど違和感やモノ寂しさを感じません。
登場人物(立ち絵)が少ないと制作工数もかからないでしょうし、
製作期間の短縮や他の要素に工数を投入することもできますよね。
「スペースアイドル」というのが独特な設定で作品のスパイス?になっていました。

LiveMaker作品でシステムにここまで不満を感じないというのも珍しい。
といっても不満というのは大抵長編作品でセーブ&ロードが重くなったり
セーブ数が増えると見づらい・セーブ数が足りなくなるという話なので
短編作品だから気にならなかったというのはあります。
…いやしかし、それを差し引いても随分軽快に感じられました。
確かLiveMakerや吉里吉里作品ってエフェクトやポーズを飛ばせないせいで
(作品によるかもしれない)時折じれったくなったりした記憶もあるのですが
この作品においてはエフェクトやポーズも過不足無かったのではないでしょうか。

不満が無いと不満が無いこと自体に気付かなかったりしますが
実は有り難いことです。制作サイドに立ったら尚更そう感じるようになりました。

育成系ということで毎日行動を選んで、その中でちょこちょこ起こる
イベントを楽しむというスタイルになります。
育成というかシミュレーションタイプの作品は自由度が高すぎて
コンプリに時間がかかったり詰んだりするケースが倉下は多いのですが、
今作はパラメータが基本1軸(人気度のみ)なのでわかりやすかったです。
+αの要素が絡んでくるEDだけはノーヒントでは無理でしたorz

ヒントは制作サイトのmemoを探るとでてきます(漁ってすみません(汗
欲を言えばショボいプレイヤーとしてはヒントだけでも
作品内や作品紹介ページ等のわかりやすい所にあるといいなぁ〜
なんて思ったりするのですが、そこは作者様の意向もあるかと存じますので。
基本的に拍手等で問い合わせればmemoで対応して頂けるようなので不満はありません。


まとめると、「取っ付き易い&確かな品質」でした!

素敵な作品のご提供に感謝いたします。
制作サイト様



余談ですが、先日halfさんの「ストーカー男は報われるのか?」もプレイしました。
とても良かったです、気に入りました。halfさんの作品って、
(コスモちゃんもそういうところありますが)
プレイヤーを選ばなさそうなのに変化球なものも少なくない気がします。
因みにこちらはシミュレーションというよりADVっぽい作品かもです。
posted by 倉下 遼 at 06:24 | Comment(0) | 他作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: