2019年01月30日

創作の原点?


GreenGrassの制作、ちょこちょこ進めてます。
そういえばタイトルの表記を「Green Grass」から「GreenGrass」(スペースなし)に変更しました。
スペースを入れないと、正しい単語でないとして赤い波線が出てきてしまいますが
(現に今この記事を書いてて出てる)…スペースを入れると今度は
スクリプト関連で誤作動を起こすことがありそうだと思い返しまして。
先日も会社でフォルダ名のスペースに泣かされました。あれはバッチファイルでしたが。

マイナーチェンジなのでTOPの更新情報には掲載していませんが収録タイトルを微修正しました。
ついに半分エゼノスの話に…。まさかディルより登場回数が多い?
なんて予感が一瞬頭をよぎりましたが、さすがにそんなことはなかったです。

ところで。先日こんなのを見つけました。
小学生のときに痛く気に入っていたマンガがいつの間にか電子書籍化されていました!
ドール=ガール0: 学年誌復刻版

小学館の学年誌で夏と冬に2回ずつ連載されただけで単行本も出なかった、ある意味幻のマンガでした(一時期は公式ホームページで読めたような記憶もありますが)。
でも割とインパクト強烈なんですよね。平和主義な小学生に痛い所を突いてくるような…
或いは人の弱いところと正面から向き合わされるような。
大学のときに研究室の同期と「そんなマンガあったわ」なんて盛り上がったこともあった気が。

元々たちばな真未先生の「とってもぷよぷよ」が気に入っていたので
(こちらは学年誌で連載されていたマンガ)、印象に残ってる理由としてはそれも大きいかもです。

いずれの作品でも割とそうなんですが、主人公と同世代の男の子がカッコかわいいんですよね。
小学生だった当時、絵の練習として半紙に写し絵をしてたりもしてました。

…なんか、アルスのキャラデザなんかには影響してるんでないか?と思ったりします;
やっぱり自分のキャラの中でアルスは一世代古いよなーと改めて感じたりも。
2002年前後にアルスの元になったオリキャラができたと推定していますが、
そうするとぼちぼち彼はリアル17歳なのではないだろうかw
posted by 倉下 遼 at 00:04 | Comment(0) | 日記

2019年01月08日

How to make a button to hide message window


I wanted to know how to make a button to hide the message window in Ren'py. I searched before but I could not find. However, he told me below.




Then, I could do it!
I also was helped before by him and Ren'py users on Twitter. I really appreciate them!!
posted by 倉下 遼 at 20:23 | Comment(0) | Ren'Py

2019年01月05日

お絵かきの練習


半ば恥さらし回。

スチルいやだスチルいやだとごねてたのですが、少し真面目に練習することにしました。今まで割とCLIP STUDIO PAINTの3Dモデルに頼っていたのですが、動作が重い・うまく動かせない・ましてや2人を密着させることができないという問題がありまして。絵の練習方法を調べていて行き当たったのが「人を描くのって楽しいね」というサイトです。過去にも見たことある気がするけど手を動かして練習するのは初めてかもしれない。
最初は一通り練習しようかと思いましたが、さすがに大変そうなので全体をざっくり見た後はOJT(必要なときに必要な部分だけ練習する)でいくことに。

まず「全身2」の、ハートの胴体とホネ人形を描いてみる。
practice01.jpg

今回一番スチルで困ってるのがイチャイチャシーンだったので、そういうポーズ?の練習。はじめから2人描くとわけわからん…ということで思いついたのが1人+抱きまくら。真正面や真横はかろうじで描けるんですが角度つけると難しいですね。
あと上手く描けないポイントの1つが「肩」だったので、肩の練習も少し。
practice02.jpg

続いてペンタブを握って本番のスチルに着手。画像検索でそれっぽい写真などを探しつつやってたんですが、なかなか見つからないものですね。あと上手い人わりと下書きの時点で影つけてるよな〜と思って真似してみたらだいぶ分かりやすくなりました。
practice03.png
にしても、全身のホネ人形を描いて必要な部分だけ細かく描いてるので、キャンバスのほんの少しのスペースしかまともに使ってません。画像の右上の方を見るとわかるのですが。仕方ない、下手だから仕方ない。倉下の画力ではスチルに入れないところも描かないと有り得ないポーズになってしまう。

上の画像から更に描き足したり清書したりぐるっと回したりしてゲーム画面に納めたのがこんな感じです。何とか人様にお見せできる絵になりそうな予感。
practice04.png
まだ下書きですし特に顔は仮なので完成ではないです。とはいえ、あまりきめ細かく仕上げるつもりは無いのでもう山は越えた感じですね。

こんなのを少なくともあと1,2枚は描かないといけないですね…Green Grass全体ではスチルが10枚くらいでしょうか。引き続き頑張ります。
posted by 倉下 遼 at 23:30 | Comment(0) | 日記

2019年になりました



2019年初投稿です。あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくおねがいいたします!

まず先月末にレビューを1本書きました。「Magical x Hearts」という作品になります。数年前にプレイした作品をプレイし直してレビューを書くという、いつもと少し違うスタイルです。記憶力が乏しい人間なのでこういうスタイルありかも…。

2017年から18年にかけては年末年始の振り返り&目標設定をきちんとやったのですが、振り返りの方はともかく目標は設定しても忘れてしまうので今年は違うスタイルでいこうかなぁとぼんやり考えています。
過去記事を読み返すとGreen Grassの開発って2018年頭から考えてたんですね…ひえぇ。

2018年を振り返ると、前半はいくらか活動していた記録がありますね。
・2018年1月に「樹とあそぼ!」(スクリプト担当)公開。2017年末から動いていたので2018年という実感があまり無かったです。
・2018年5月にコミティアというイベントにてビジュアルノベル部のお手伝いをさせていただきました。このブログでも1度だけ言及してます→こちら。年初からイベント当日までそれなりに仕事がありました。至らぬ点が多くて恐縮でしたが、非常に有意義でした。

サイトtopの更新履歴を見ると2016, 17年と比べて2018年の更新頻度が寂しい感じがします。いや2,3年前がやりすぎだったんでないかと思いますが。
TEAD・冬ぬくともにリリースから2〜3年になりますし、残件はもちろんDL数やアンケートも落ち着いてきたところです。現在TEADが283DL, 冬ぬくが338DLです。2018.2.24の記事でTEADが250、冬ぬくが330とありました。TEADが思ったより伸びてますね。TEADの方が後発なのとcrAsm看板作品っぽさがあるので、作品でなく製作者やレーベルを先に知った方はTEADの方だけ手に取られているかもしれません。作品単体で見ると冬ぬくの方が出来が良いのですがレーベル全体で見るとTEADの方が深みがあるかもしれません。あとキャラデザはTEADの方が良いかと。TEADはキャラ→作品で冬ぬくは作品→キャラの順で決まった感じがあるので。2017年に各キャラの誕生日祝いをやった影響も加わってかファンアートも沢山頂いています。

2018年は創作関係以外のことで結構お腹いっぱいでした。その辺りについてはご興味のある方だけ「続きを読む」よりどうぞ。
2019年は今の所さほど忙しくない見込みなので、前半でGreen Grass完成させて後半で他のやりたいことをできるといいなぁと思ってます。






続きを読む
posted by 倉下 遼 at 13:21 | Comment(0) | 日記