2018年12月23日

[レビュー]Magical x Hearts


今までレビューを書くときは初回プレイ時でしたが
今回は数年前に1度プレイした作品をリプレイしてみたというものです。
前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。


Magical x HeartsBabyClan 様)
 ジャンル:乙女向け 恋愛ADV
 制作ツール:吉里吉里2
 攻略対象:3名
 ED数:11
 プレイ時間(公式):プロローグ共通部分20分+各ルート60分〜120分程度
 プレイに至った経緯:数年前にプレイして気に入っていたので

MH1.jpgMH2.jpg

《ストーリー》(公式HPより引用)
魔法学園で学ぶ主人公。
立派な魔術師になる為に毎日頑張っているけれど、進級試験に落ちちゃった......!

そんな彼女のまわりには

ちょっぴり過保護な幼馴染の教官 シュオン
調査の為に学園に滞在している軍人 ルイ
異国からやって来た新入生 ラス
そして不思議な迷い猫。

なんだかひと騒動起こりそうな予感......?

恋に目覚めるマジカル・ファンタジー

《レビュー》
eval_MH.png

【前置き】
まず上記の「作品情報」がゲーム本体に同梱の説明書.txtを見るだけで埋まることに感動しました。

作品公開は2011年9月です。恐らく数年前にサーチエンジンかレビューサイトさんで見つけてプレイしたのかと。この作品の公開前に前作のStrange!をプレイしたはずで…何と言いますか、思い入れのあるサークル様の1つです。

自分の中で長いこと「初めてフリーの乙女ゲーをやる人に1作目として勧める作品!」という位置づけでした。残念ながらあまりリアルの女性とは付き合いが無いので1度しか実行できませんでしたが;今でもその地位は不動なものの、紹介しろと言われても内容を説明できないほど記憶が減衰しているのは気になっていたので、この度リプレイに至りました。

数年前の作品ではありますが、現在も作者様も創作活動を続けられているので紹介する上でも安心感があります。最新作として「はじまりのエターナル」が2017年4月に公開されています。続編製作中とのことなので当方はそれまでのお楽しみとして取っておいています。


【ご紹介】
すみません、前置きが長くなりました。
ようやくMagical x Hearts本編についてです。

休暇に追試の勉強をしている主人公が、その間の日常やハプニングを通して攻略対象の誰かに惹かれていくというのが大枠。
シナリオはほのぼの・ギャグ・シリアス、そしてドキドキ・甘々な恋愛シーンと、どれも描写がバランス良いです。何と言いますか、"個人経営だけどしょっちゅう店の前の道路脇に車が着いているケーキ屋さんのケーキ"みたいに美味しくいただけます(よくわかんない比喩)。濃厚ですが重たくないし飽きないです。うーん、ネタバレ無しでありきたりでないことを書くのは難しい。

スクリーンショットを見るだけでキャラやシステムグラフィックも素敵なのは一目瞭然ですし、公式サイトの公開情報もしっかりしてますし、とやかく言われなくても知りさえすれば自ずとプレイしたくなってしまう作品かと思います。実際乙女ゲープレイヤーさんの中では超有名作で、多方面でレビュー・実況などもあります。なので此処では2点だけ、事前に知っておくと良いかもしれないことを綴っておきます。

(1) プレイ中、バックログの閲覧方法がわかりませんでした;同梱の説明書.txtに記載があります(起動前に読んでないのがバレる;)
履歴表示:R /マウスホイール上 / メニューバー⇒メッセージ履歴の表示
だそうです。尚、最新作では1クリックで閲覧できるボタンが用意されているようです。

(2) 公式HPの作品紹介ページに「攻略のヒント」があります。内容は各キャラの好みの傾向や分岐の判断箇所などでして、完全攻略ではないので、単に答えを知るのが嫌な方もご安心ください。寧ろ闇雲に色んな選択肢で試すより良いかと(その点、自分は失敗したなぁと…)。
伏せ字でない部分から引用…『選択肢を選んだ直後の内容等で判断してください』とあります。選択肢は全部セーブしても2割ほど余裕があるので安心してセーブできます。

あと、作品紹介ページ及び説明書.txtに世界観の説明があります。


【個人的な感想】
起動時の音楽を聞いただけで脳内メモリ上に作品の世界がぶわあっと展開されました。
作品全体でオリジナルBGMがとても良い仕事をしています(尚、一部は一般のBGM素材)。特に 02.大好きな時間/08.Waltz/12.Colors of Hearts がお気に入りです。

何かプレイし始めたときに「え、シューちゃん(シュオン)こんなにイケメンだっけ?!」となりました。昔の記憶に従えば「ルイさんステキぃぃぃー!!」となると思ってたんですけど。もちろんルイさんもやっぱりステキなのですが、いや、何か、なんでしょう。…でもやっぱりルイEDの最後のスチルで完全に持っていかれ、「やっぱりルイさんだわ、うん!」と妙に納得しました。いや、でも自分の中で確実にシューちゃんの株が上がってますよ数年前よりも!
もちろんラスも格好良いのですが、誰にでも良くしてそうな感じがあったせいか、他の2人ほどは印象に残らず。でもラスが一番!っていう人も絶対居るというのはよく分かります。実際、作品紹介ページにある人気投票の結果では3人とも同じくらい人気です。

それから、やっぱりサブキャラの存在がしっかりしている作品は面白い傾向があります。今作で言えばマリベル、アンリ君、カミラ先生が特に。話が面白いとか魅力的なキャラであるだけでなく、物語の進行に重要な助言を沢山してくれています。そして主人公の背中を押してくれる。あと猫さんも。照れるマリベルと恋バナで目の色が変わるカミラ先生がとても良いです。

全体通して深イイお話でありつつ、ギャグシーンでは声出して笑ってしまう箇所も少なからずあります。どのキャラも表情がコロコロ変わるのも良いですね。ハッキリ笑ったり驚いたり照れたり。一方で、微妙な表情の差で繊細な表現しているところもあり、本当にお見事です。


以下はネタバレを含みます。ご覧になられる方は、
「続きを読む」リンクが出ていればクリックを、
そのまま続いていればスクロールしてご覧ください。
未プレイの方はタブを閉じるか戻るボタンを押してください。

制作サイト様





続きを読む
posted by 倉下 遼 at 10:46 | Comment(0) | 他作品

2018年12月02日

18.12.2更新情報


先月下旬の2度の更新に続き、本日も更新。
サイトのTOPページを少しだけ変更しました。
前々からちょっと気に入らなかったところです。
web拍手・メール・ツイッターは違うサイズのボタンにしたいなぁと考えており
この度ようやく作り直しました。
スペースの都合でAboutもミニボタンにしたのですが
ヘルプのような意味のつもりで「?」としたものの
何だかシークレットっぽいニュアンスが出ているようにも見えてどうしたものかと。
リンクのボタンが落ち着かないですが、とりあえずこのままにしておきますorz

やや創作モードから感覚が離れていましたが
また戻ってきたのでGreen Grassの制作を進めていきたいです。
そのために一度TEADをやり直すのと、これまでに書いたGGのシナリオを
読み直す必要があるかと思ってます。これが嫌で嫌でしょうがなかったのですが。
ここは名場面集でも作るつもりで腹をくくって...。


…うえぇ、早速イタイ誤字みつけた><
20181202goji.jpg

他にも少し誤字を見つけました。
エゼノスのキャラ紹介の記述、12じゃなくて13でした。
あとアルスの一人称が俺でなくオレになっている箇所が2,3あり、
港街でなく港町になっていた箇所も2,3あり。
どこかのタイミングで修正版を出すを思います;

あんだけイヤイヤ言ってた割にプレイしてみると普通でした。
忘れていたシーンはあまり無く。
製作中に何周もしているせいで面白いんだか面白くないんだか
よくわかんなかったです;
2,3週目になってくると脳内補完するのに慣れてそこそこ良いのですが
一周目はやっぱりちょっとキャラとか状況が掴みにくいですね。
以前ふりーむ!のレビューで頂いた内容の通りだなぁと感じました;
特に後半で夜戦が入ってきて動きが変則的になると
わけがわからなくなってくる。

エゼノスルートはあそこで終わるのか!って感じでしたね。
おまけシナリオがすぐ読めればまだ良いかもしれませんが
1週目でエゼノス攻略しちゃうと消化不良を起こすような。
あと芝生に座ってるスチルどう見ても浮いてるんだよな…。

では、本日はここまでにします。
posted by 倉下 遼 at 17:55 | Comment(0) | 日記