2018年08月26日

18.8.26更新情報



サイト自体の更新はややお久しぶりとなりました。
製作中のGreen Grassの方が形になってきたので作品情報ページを公開しました。

今の所、シナリオが一通り書き終わって
最低限のスクリプトや仮の背景を入れたところです。
背景の精査、BGMや効果音の設定、そして最大のタスクはイラスト関係ですorz
イラストは最も後回しにしやすい工程ですが。

自分の頭の中ではサイドストーリーが色々あるのですが
全て書こうとすると労力が追いつかないので
一旦「これだけは外せない」というもの(と、たまたま筆が進んだもの)だけで
公開しようと思っています。
そんなわけで結果的にはタイトル詐欺になってしまいました;
紹介ページに載せた収録タイトルをご覧いただけるとお分かりになるかと思いますが
登場キャラがめちゃくちゃ偏ってます。
Greenってそういう意味じゃないんだけど…。
尚、収録タイトル一覧に明示されていませんが
サンテ・ロフ・ヴィサークは出番があります。

本作は一度公開した後も、シナリオを追加してアップデートパッチを配布しても
良いのではないかと考えています。
分岐やそれに関する変数が無いので内容の追加はやりやすそうです。

「このキャラの話が見たい」とか「こんなシチュエーションが見たい」など、
ご意見ご要望などございましたら是非とも拍手メッセージやメールフォーム、
Twitter(DM・リプライ)からお知らせください。
初版なりアップデートなりで反映できればと思います。
100%採用できるとは限りませんが、いずれにせよ大きな励みになります!



さて、追記にほのぼのと私事でも綴っておきます。

続きを読む
posted by 倉下 遼 at 10:22 | Comment(0) | 日記

2018年08月15日

nvlスクリーンの前に一瞬sayスクリーンが出るのを防止する


只今制作中のGreen Grassは小説スタイルなのでnvlモードを多用します。
それに当たり1つ困っていたのが、
nvlモードで文書を表示するとき、nvlスクリーンの前に
一瞬sayスクリーン(nvlモードでない方のメッセージウィンドウ)が
出てしまうという現象です。

解決方法としては、Option.rpyなどに
 define config.empty_window = nvl_show_core
 (又はinit pyshon:以下にconfig.empty_window = nvl_show_core)

を入れると良いようです。

詳細はこちら → NVL モード

途中でsayスクリーンを使いたくなったときは
$ config.empty_window = defaultを入れると良い様子?
(say_show_coreやadv_show_coreではないらしい)。確信はありません。
config.empty_windowの説明も見ましたがよくわかりません;


また、上記リンク先に記載のある「what_color」(キャラを定義する際に
キャラ名を表示させない代わりにキャラ別に文字色を指定する)
なども今回導入しました。


posted by 倉下 遼 at 23:03 | Comment(0) | Ren'Py