2020年06月21日

「転生してない悪役令嬢〜」おまけエンド追加!他


お世話になっております、倉下です。

今年2月に公開した「転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない」ですが、この度追加エンドを実装してv1.10にアップデートいたしました。
そもそも未プレイの方はもちろん、既にプレイ済みの方にもぜひ再度プレイしてみて頂ければ幸いです!

以前のバージョンをプレイされている方はセーブデータが引き継がれます(※)ので追加部分からプレイできます。DL版の場合は最新バージョン(v1.10)をダウンロードして普通に起動してみてください。ブラウザ版の方は以前プレイしたサイト(ふりーむorPLiCy)から普通に遊んでみてください。
※DL版v1.00は手動での引継ぎが必要です(readme参照)。ブラウザ版で初期化されている場合はお手数ですが未読スキップなどご活用ください;

誤字修正の他、モバイル用UI実装に当たり改行位置を調整した箇所が少なからずあります。該当箇所では既読スキップが止まってしまうので少々プレイしづらいかと存じます。
また、永続データ(既読情報やクリア情報など)は引き継げますが、旧版のセーブデータをロードするとエラーが出る場合があります。どのみち追加エンドを見るにはスタートからやり直さないといけない仕様ですが…。
何はともあれ、上記2点ご不便お掛けしてしまいますことお詫び申し上げます。

さて、今回のアップデートと同時に、この度作成したプロモーションビデオを公開いたしました。
動画の編集はご縁があって倉下の知人に依頼することができました。ボイスの方は、以前本作を実況プレイしてくださった犬上まりあ様にご協力頂くことができました。大変感謝いたしております!


もう1つ。英語圏でメジャーなゲーム投稿サイトであるitchにも本作を投稿してきました(こちら)。簡単に作品紹介ページを作り込める、作品紹介・作品データともに審査不要で変更がすぐに反映される、アクセス・プレイ数の解析画面が充実している等、様々な面で使い勝手の良い投稿サイトです。個人的には「こういうのが欲しかった!」という感覚。日本では難しそうですが…。

また、皆様よりご回答頂いておりましたアンケートの結果も公開いたしました。
もちろんまだまだ受付中(今後は不定期更新)ですので、未回答の方は是非是非ご回答ください!追加エンドと追加キャラも出してますので、以前回答された方の2度目のご回答も歓迎です!(自由記述欄にその旨ご記入頂けると更に有難いです)。

それでは、今回はこの辺りで。
posted by 倉下 遼 at 20:49 | Comment(0) | 日記

2020年06月16日

2020.5.27- 6.8 更新情報


サイト更新したままブログすっぽかしてました;

まず、Ren‘Pyブラウザゲームをふりーむに投稿する方法を掲載しました→こちら
Ren’Pyやふりーむの一利用者に過ぎない自分などが掲載するのも気が引けますが、
(投稿暦のある)一製作者として掲載してみることにしました。
何処かからお叱りを受けた場合は取り下げるかもしれません、ご了承ください;

少々脱線しますが…今まで「Ren'py」と表記していましたが
正しくは「Ren'Py」でした;
5年半ほど間違え続けていましたorz 大変失礼いたしました。
ひとまず目立つところは修正いたしました。

更新情報に戻りまして。2点目。
「理工系男子と秘密の恋愛」等でお馴染みのバラ色プリンスのべろさんより
あまりに麗しすぎるサンテのイラストを頂きました!!
頂き物ページに展示したので是非ご覧ください!!
以前のディルに続き2枚目です、もうもう頭が上がりませんm(_ _ )m
人物はもちろん、構図やデザインのセンスがまた素晴らしいです!
改めまして、べろさん大変ありがとうございました〜〜!!

それから。
先日、いつもお世話になっているdeliさん・飛石企画さんと
リレーお絵かき?的なものをやらせて頂きました!
お二人の許可を得てギャラリーにも展示いたしました。
自分が何故かサラリーマン書いたら
どんどん哀愁が増していくのが可笑しくて仕方なかったですw
線画は飛石さんのご好意により超イージーモードだったのと、
配色の自由度めちゃめちゃありそうで完成が楽しみでしたね。
deliさん原画の翼人?さんは塗ってて楽しかったです。
下絵・線画で一番楽してる人間故にせめて塗りくらい頑張ろうと気合いを入れて。

この初夏はもう少しお絵かき捗るかなと思ったのですが、
上のイラスト塗り終えた辺りから何を描いても思い通りにいかなくなってしまい
しばらくお絵かきをお休みしてしまいました
(とりわけ、自分が全く眼鏡を描けないことに気づいたのは衝撃でしたね…
 確かに最後に描いたのいつかわからない、義務教育時代?)。
ラフだけデスクトップに散らばってますね。。
ネタはあるので、ここぞという気運になったらまた描くと思います。

それでは、今回はこの辺りで。
近頃少し水面下で動いていることも2、3あるので
準備が整い次第またお知らせいたします。
posted by 倉下 遼 at 19:42 | Comment(0) | 日記

2020年05月27日

Ren'pyブラウザゲームの投稿方法、ほか


こんにちは、crAsmの倉下です。
標記の件、これまで何となく様子見状態を維持していましたが
先日お問い合わせを頂いたこともあり(有難いです><)
この機会にブログに掲載しようかと思います。
内容に誤りや問題などがございましたら大変恐縮ですがご指摘頂けますと幸いです。
また、Ren'Pyのブラウザ対応は現在β版のようですので予めご了承ください。



2019年秋にふりーむ!さんにRen'Pyブラウザゲームを投稿し
無事に公開して頂くことができました(ふりーむ!様と開発者様の多大なご協力のもと…)
また、PLiCyさんにも投稿しています。


■ 対応OS・デバイス

Ren'Pyブラウザゲームは現在、iPhoneからのプレイができません
WindowsPC、およびAndroid端末からのプレイは可能です
(できない場合は別のブラウザを使用してみてください)。
macやLinuxでのブラウザ版プレイについては確認が取れていません。

尚、ダウンロード版やアプリ版は各種OS・デバイス向けに出力可能です。
スマートフォンアプリ(特にApple Store向け)は投稿にお金がかかるので容易に試せませんが…。

関連して…ブラウザ版・ダウンロード版・アプリ版いずれでもそうですが、
製作時にモバイル・タブレット向けUIを仕込むことができます。
デバイスに応じて違うボタン配置や文字サイズにできます。
詳しくはドキュメントをご覧ください。
転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない(PLiCy版)
PC・タブレット・モバイル用UIを用意してますので、
タブレットやAndroidスマートフォンをお持ちの方は見比べてみてください。


■ 投稿方法

PLiCyさんに投稿する場合は、普通にHTMLのゲームとして投稿すればOKです。
Ren'Pyランチャーのweb(Beta)からウェブアプリケーションをビルドし、
生成されたファイル(「index.html」を含むフォルダのファイル全て)を選択して
zipファイルにしたものをアップロードするだけです。
投稿後10分程度で公開されるので、お試しでの投稿も気軽にできます。
例)TEADmini(PLiCy版)

ふりーむ!さんに投稿する場合は少々作業が必要となります。
倉下は以下の手順で投稿用ファイルを生成して投稿しています。

★ Ren'Pyブラウザゲームのふりーむ!への投稿方法 ★
1) ランチャーのweb(Beta)からウェブアプリケーションをビルド
2) game.zip → game.data へと名前変更
3) index.htmlをテキストエディタ等で開き、その中の
 「var DEFAULT_GAME_FILENAME」の値を'game.zip' → 'game.data' に変更
4) index.wasm.gz を展開し(※)、.gzファイルを削除
 ※7-Zip(フリーソフト)のような展開用ツールが必要かもしれません


ご参考まで、実際にふりーむ!に投稿したファイルはこちらです。
作品はこちら → TEADmini(ふりーむ!版)

上記はふりーむ!での投稿に於いてのみ必要な作業です。
他投稿サイトを利用する場合は必要ありません(のはずです)。

補足です。ふりーむ!とPLiCyのほか、自分で投稿したことはありませんが
itch.io という英語圏のゲーム投稿サイトで
複数のRen'Pyブラウザゲームが投稿されています。
こちらのページにRen'Pyブラウザゲームの一覧があります。


■ 余談

v7.3.5(現在の推奨バージョン)でブラウザゲームをビルドすると、
BGMがガタついたり動作がもっさりすることがあるかもしれません。
Ren'Py webの比較的新しいバージョン(※)では改善されていますので、
将来的には推奨バージョンにも組み込まれるのではないかと期待しています。
Patreon(クラウドファンディング)に参加していると入手可能


ご不明な点などございましたら、webサイトのメールフォーム等から
お気軽にお問い合わせください!
生憎そこまで詳しいわけではありませんが、分かる範囲でご回答させて頂きます。
posted by 倉下 遼 at 18:14 | Comment(0) | Ren'Py

2020年05月05日

crAsmサイト5周年!


本日でサイト開設5周年になります。
(当初の)メインであるゲーム製作や、それ以外にも色々やってたこともあり
振り返れば本当に充実した5年間でした!
そしてここまで多くの方々にたくさんお世話になっておりますので
改めて感謝の意を表したいと思います。

特別お祭り騒ぎの準備はしませんでしたが
ささやかながらイラストを1枚。ギャラリーにも格納しました。
本当はもう少し凝りたかったのですが
いかんせん気づいたのが一昨日で手遅れでした…。

いいねの数が多すぎて内心ヒヨってます
(しかもゲームの宣伝等と違ってほぼ全部フォロワーさんからという)。
本当に恐縮です。有難いです。
Twitterで反応してくださる方以外にも
作品をプレイしたりHPにお越しくださったりする方が
いらっしゃる(はず)と思うと尚更です。


- - -

以下、こぼれ話になります。

イラスト、凝るどころか実は1枚没にしてたりします(ごめんよアルス…
戦闘モードな雰囲気にしようとしたら不機嫌な顔にしかならずorz
線画もさることながら塗りも詰んでしまいorz
ですがまぁギリギリ許容範囲?と思ってこっそり載せてしまいました。

他にもラフを描いては消して…を2,3回やって、
うわーこんな時に限ってスランプ?!と幾分パニック気味でした。
で、横長は無理だ縦長にしよう!いや縦長もダメだ!と
わちゃわちゃやってるうちに冒頭の絵になりました。ディルたそ多分描きやすい。
(エゼノスは描きやすい気がする割に描かない。そろそろサンテも描きたい。)
このHPはゲーム以外のコンテンツも色々あって
作品や登場キャラを知らない方も多いと思うので、
お礼絵としてはアルスか、せめてディルが望ましいかなと思ってました。

因みに、お声掛け頂いて昨夜オンライン飲み会に参加していたので
その際にお水を片手に冒頭のディルの絵を描いてました。
飲み会とは一体。。
(ビデオONの皆さんはお酒とおつまみを片手に参加されてました。)
どのみちオンライン飲み会だと
複数人で同時に話すわけにはいかない→聞き手タイム長めなので
さぎょイプ(作業スカイプ)同様に
お絵かきのような言語を使わない内職は捗る印象があります。

最近お絵かきにお熱?なので
もう少しぽろぽろ出てくると思います。
絵以外にも何か出てくるかもです。

あ、他の何かといえば先日「転生してない悪役令嬢〜」PLiCy版に
モバイル・タブレット用UIと英訳を実装しました。いずれもβ版としてです。
Androidでプレイするときちんとモバイル用UIの方で表示されるようです
(テストにご協力頂いた方には改めてお礼申し上げますm(_ _ )m)。
英訳の方は、もう少し海外作品などをプレイして精査したいです。
その辺りが落ち着き次第、ふりーむ側もアップデートして改めて告知します。

チラ見せ。まずこちらが今まで通りのコンフィグ画面(PC用・日本語)です。
Menu_pc_JP.png

こちらがモバイル版のコンフィグ(英語)・メッセージウィンドウ+クイックメニュー
Menu_mobile_EN.png Menu_say_mobile.png
指定のタグを与えておけば内部でデバイス情報を取得して自動で切り替わります。
デフォルトUIを使用する場合、一切編集しなければ最適化されるはずです
screen.rpy・gui.rpy内にモバイルデバイス用のスクリプトがあります。
詳細はドキュメントのこの辺をご覧ください。

蛇足ですが、クイックメニューの表示・非常時の制御を
メッセージウィンドウと連動させたかったので
(いずれかだけが表示されてることの無いようにしたかった)、
本作はクイックメニューをメッセージウィンドウに仕込みました。
正確には、今作で漸くそれができることに気づいたのですが;

Ren'py関連の話についてご不明な点やご相談がございましたら、
メールフォーム等からのお問い合わせも大歓迎です!
(可能な方はTwitterでDMを頂けると最もスムーズです)。
先日メールフォームを少し変種して、英語対応に加え
「Ren'pyに関する質問」というカテゴリを追加しました。
内容次第では「一緒に考える」しか出来ないかもですが…;

Ren'py日本語版チュートリアルについても再掲します。
下記スレッドをご覧の上、是非お試しください。


主題が冒頭の1/3くらいで無駄話が随分長くなってしまいました。
が、最後に…

上記のように此方は大型連休(+一時帰休)を満喫していますが、
お知り合いの方々を含め新型コロナウイルスの影響を
大なり小なり受けている方もいらっしゃってお心苦しいところです。
また、このような中でも各地で度々大雨や地震もあるようで気がかりです。
ご無事をお祈りするとともに、自分の出来ることはしていきたい所存です。

というわけで、今回はこの辺りで閉じます。
こんなところまでご覧頂きありがとうございましたm(. . ;)m
posted by 倉下 遼 at 23:05 | Comment(0) | 日記

2020年04月26日

HPバナーと液晶解像度について考えてみる


本日の更新情報に関連して。。

◆ バナー
先日の落書き(ギャラリーに入れました)をバナーに加工していたのですが、
作りつつ「 200 x 40 って小さいなぁ」と…。

思い返せば、20年ほど前もこの大きさだったはずです。
片や、標準的な液晶の解像度は当時に比べて上がっています。
今は1920x1080px辺りが主流かと思いますが、
10〜20年前だと1024×768や1280×1024くらいだったように思います。
経験+軽く調べてみた感じでは、
解像度が急激に上がったのは2010〜2015年くらいな印象を受けます。
それまでは低価格化の方が進んでいたようでしょうか。
参考サイト: その1(2019年のシェア) その2(2007年のシェア)
(グラフが見づらい場合は画像を右クリック→新しいタブで画像を開く)

解像度の変化に伴い、ゲームの解像度は上がったと思います。
昔、フリー(乙女?)ゲームは640x480pxが主流の時代がありました。
それが徐々に800x600に移行し、昨今1280x720も割と見かけるようになりました。
(有料の同人ゲームはフリーゲームより大きい傾向があるように見えます。)

バナーの話に戻りまして。
調べると、IAB(Interactive Advertising Bureau)という組織が
広告用バナーの国際規格を定めているそうです。詳細はこちら(英語)。
ただ、そこまで頻繁には変わらないにせよ定期的に見直されるようなので
息の長い同人活動向けバナー(しかも通常は広告には使わない)としては
必ずしも上記の規格に従う必要はないと思います。

扱いやすさの観点では、縦横比が従来と同じ5:1となるようなものであれば
各HPで必要に応じて縮小表示もできて良いのではないかと思います。
そんなわけで今回300x60pxというバナーも作ってリンク集に置いてみました。
ニーズがあるのかは不明。尚、原寸は600x120pxで作りました。
banner11_original.png

IAB規格にある300x50pxも作ってみました。お試しで。意外といいかも。
banner11_30050.png




posted by 倉下 遼 at 22:29 | Comment(0) | 日記

4月の更新情報


お世話になっております、倉下です。
今回は4月の更新状況についてまとめていきます。

レビュー1本追加 @4/11
申し遅れましたが、先日レビューを1本書かせていただきました。
日々雲隠れさんの「らいとらいとらいと」です!大変楽しませていただきました。
こちら、公開から3年ほど経っている作品で、だいぶ前から存在は知っていました。
自分は流行に乗らないタイプの人間なので
作者様が活動を続けておられる(又は根強いファンが一定数いる)限りは
作品の公開時期を問わずレビューを書いたりすると思います。


ファンアート追加
その1。先日、お絵かきチャット(絵茶)に参加させていただきました。
お絵かきチャット、最後にしたのは10年以上前なのではないかと…
まだSNSが浸透していない時代だったと思います。尚、当時自分はマウス画。

今回参加させて頂いた絵茶会は
羽鳥さん(自分が気に入っている小説の作者様)が主催してくださったものです。
ご一緒させて頂いた羽鳥さん・しらせさんが上手い!早い!凄い!ので
死ぬほど緊張しましたorz こんなに全力を尽くして何かしたのはいつ以来か…。
そして勉強にもなりました。大変貴重な機会を頂き感謝です!
あと、羽鳥さんがアルスを描いてくださいました>< 頂き物に掲載しました。

ファンアートその2。
deliさんの作品「BOYS IN MY HOUSE -after the memory-」から
攻略対象の一人、カイトを描かせていただきました!
カイトもフレンも(もっと言うと主人公やサブキャラ達も)好きですが
ややカイト派かもです。あとフレンの髪型が難しそう…。
お絵かきチャットでの訓練(?)が活きたように思います(笑)
人物はレイヤー数枚です。+前景・背景で数枚。全部で11+下書き2枚。
あと主線の太さを普段の半分にしてみました。
結局整えてるうちに太くなりましたが;

上記いずれについても言えることなのですが、
描こうとして原画を観察(?)すると改めて原画の良さを味わえます。
キシヒメ(羽鳥さんの作品)の絵は衣装いいなぁとか
ティルの髪の色み綺麗だなぁとか…
BIMH2のカイトの方も、立ち絵やスチルを改めてまじまじ見てて
描きこみの細かさや服装のカッコよさに圧倒されました。

先日、下記Titterにて「#いいねした人のキャラを描く」というツイートをしたのですが、
この調子だと今いいねして頂いている方の分は全部描けそうな気がしています。
他の方も、追加でいいねして頂いてもOKですし、
Twitterされない方はメールフォームやweb拍手でのリクエストも歓迎です!
※いずれの場合もやはり、描くか否かは気まぐれ&時期不定ですが…。


ところで…先ほど挙げたキシヒメについてですが
羽鳥さんのwebサイトでもご覧いただける他
全通販型即売会「Text-Revolutions Extra」にて文庫版も
5/18〜5/31まで頒布されるとのことですので、気になる方は是非!



もう1つ、リンクのバナーの方も更新したのですが
長くなってきたので記事を分けようと思います。


閉じる前にここで少しだけ近況。
世間が騒ぐことをあまり話題にしない性分かもしれないのですが
新型コロナウイルスの影響については下記のような状況です。
・3月下旬よりずっと在宅勤務
 (在宅勤務自体は2年前から時々使っていた、制度として定着していた)
・4〜6月に多少の一時帰休
 (元々業界全体が低迷気味だった影響もありそうだが)

かなり平和な方だと認識しています。出勤/在宅はいずれも一長一短ですし。
ただ、2〜3年くらいは不安定or低迷したままとなりそうな予感もしてます。
業界が転換期なのもあり。
一応、そもそも生産技術という職が比較的業界を問わない点と
前の冬に少し転職活動に手を出してみたのは
若干の安心材料?になっているように思います。
勿論、油断はできませんが。
posted by 倉下 遼 at 18:22 | Comment(0) | 日記

2020年04月11日

[レビュー]らいとらいとらいと


今回の作品はこちらです!

《作品情報》
らいとらいとらいと日々雲隠れ様)
ジャンル: 女性向け恋愛ADV
制作ツール: LiveMaker
攻略対象: ー
ED数: 5(+後日談)
プレイ時間(公式): 初回プレイ15分、総プレイ1時間
プレイに至った経緯: 前々から気になっていました

www1.jpg

《ストーリー》(ふりーむ!作品紹介ページより引用)
ノリと勢いで後輩男子が乙女ゲーを作ってくれることに!
後輩に渡されたそのゲームは萌えるのか、
そもそもマトモな乙女ゲーなのか!
オタク男女のゆるいゲーム制作コメディ!

《レビュー》
eval_www.png

2016年12月にリリースされた作品です。
大学のサークル(漫研)に所属するヨミが後輩のライトに乙女ゲームを作らせるというところから始まります。2, 3の選択肢によってライト後輩の作る作品も変わります。
「男に乙女ゲームを」「先輩が作らせる」という斜め上を行く設定(?)に惹かれました。

プレイしてみての感想は、非常に面白かったです!
各種レビューや受賞歴など前評判はあったので良作というのはわかってたのですが、その辺を差し置いてもやっぱり遊んで良かったと思います。
一番良かった点は何と言っても作中に出てくる作品が実際におもしろいという点ですね。全部で5つの作品が出てきます。体験版という位置付けで、序盤はヨミがプレイしています。山場?になると画面が作中のゲームのものに切り替わり、きちんと背景や立ち絵が表示されます。
中には作中でリテイクするものもあります。その辺りのヨミとライト後輩のやりとりも面白いですね。個人的にはホラーx真面目主人公の作品で話が明後日の方向に行くアレがとりわけ面白かったです。
歴史物の方はめっちゃ重いです(笑)作中の作品ながら大真面目に作られてます。うち一作は実際に制作中のようです。

更に、おまけコーナーが丁寧に作られています。ライト後輩の作品を作品紹介で振り返ることができます。そしてコンプリートすると更に…?

システム面は、LiveMaker製で選択肢も少なめということで特に不満もなく読み進められました。

ということで、大変満足できた作品でした。
素敵な作品をありがとうございました!

製作サイト様
banner_hibi.png




尚、以下にはこの作品をプレイした契機として
作品とは直接関係しない話をつらつら書き綴っています。
自分の備忘録という位置づけですし面白い話ではありませんが
ご興味のある方はご覧ください。



続きを読む
posted by 倉下 遼 at 21:38 | Comment(2) | 他作品

2020年03月20日

2020.3.19 更新情報ほか


こんにちは、倉下です。
前回のブログ投稿は(レビューを除けば)2月末ですね。
そこからまた色々動きがありました。


まず、1件レビューを書かせていただきました!
マルチテイストさんの「MAGIA CONTRACT」です。
やっぱりマルチエンドのファンタジー恋愛ADV好きですね、
久しぶり?にこうした作品に出会えてよかったです。
レビュー中に書き損ねましたが、クリアしてから
ムービーと主題歌(作中または作品紹介ページから見れます)を聞くと
何とも言えず切なくなります…攻略対象目線?のもどかしい歌詞がよいです。


それから…
M.Mさんより転生してない悪役令嬢〜のレビューを頂きました!!
あのおバカゲーにこれほど真面目なレビューが付くとは思いませんでしたw
> あまり真面目に取り合わない方が良いかも知れないですね(失礼!)。
いやホントその通りですw
選択肢でキャラの人格が変わることについては、
これまで特に言及されたこともありませんでしたし
自分もさほど違和感は無かったので新鮮でした。
個人的には、彼女のキャラがfixされている必要性は特に感じていません。
ある意味、何パターンかの演じ方で
お人形遊びをしているような感覚だと思って頂けるとよいかもしれません。


続きまして。
Ren'pyチュートリアルの日本語版が出来上がり、
次回の本体アップデート以降に利用可能となるそうです
(すぐに試したい方はGitからダウンロードも可)!!
非常に優秀なチュートリアルなので、これはめちゃくちゃ朗報です!

当方も翻訳に参加させていただきました、本当に一部だけですが、、。
非常に貴重な機会でした、大変勉強になりました。

ドキュメントやランチャーもそうですが、やっぱり母国後だと使いやすいので
赤恐竜さんには本当に頭が上がりません。


そして、前回の記事にて犬上まりあさんの実況動画をご紹介いたしましたが
先日ついに最終回が公開されました!こちらも大変楽しませて頂きました!
作者共々わーわー言ってたら動画の冒頭で取り上げられました(笑)
レビューと同じく、作品紹介ページのExtraにリンクを追加したので
思い立ったときにいつでもお楽しみください。

悪役令嬢〜の方、アンケートのご回答もちょこちょこ増えてて有難いです!
そろそろ集計結果を一度公開したいなと思ってます
(勿論その後も回答の受付は続け、不定期で結果ページに反映する予定)。
あとこれも前々に引き続きですが、
旧作の方もぽつぽつお手に取ってくださる方が居るようで感謝です!
旧作のご感想やファンアート等々も、いつでも大歓迎ですノ


最後に少しだけ。先日リンク集の整理をしました。
比較的最近追加したサイト様や近年でも更新のあるサイト様が
上の方に来るようにしました。
そして、今後は新しいものを一番上に追加していきます。
レビューリストとか初っ端からそうしてたかもですが、
とりわけ数が増えてくると新しいものを上に置く方が楽ですね。


それでは、長くなっていしまいましたが今回はこの辺で。

posted by 倉下 遼 at 13:38 | Comment(0) | 日記

2020年03月07日

[レビュー]MAGIA CONTRACT


細々とレビューを書き続けていましたが、数えてみたらこの記事で18本目でした
(+これとは別にふりーむ!へのレビュー投稿が20本(一部ダブり有))。
最初のレビューから丁度4年でこの本数なので本当に「超細々」ですね(汗)。
それはさておき、今回の作品はこちらです。

MAGIA CONTRACT(マルチテイスト様)
ジャンル:ファンタジー
制作ツール:Light.vn
攻略対象:4人
ED数:10
プレイ時間(体感):5時間前後
プレイに至った経緯:ふりーむで見かけて?

magicon1.jpg magicon2.jpg

《ストーリー》(公式HPより引用)
主人公リーベルは、アミュレット(魔法で召喚した守護者)のフォルスと共にエーヴィヒ街にやってきた。
街の領主に魔法使いとしての腕を見込まれ、街を襲う魔物を退治するために呼ばれたのだ。
しかし最近、この街では魔法使いの不審死が多発しているという。
期待と不安を胸にリーベルの新たな生活が始まる。

《レビュー》
eval_magicon.png

攻略対象が3〜5人いる救いありのマルチエンドのファンタジー恋愛ADV、
且つ主人公顔グラフィックあり&姫とかでない…みたいな作品が昔から好きで、
こちらの作品もふりーむかTwitterで一目見たときからプレイしたいと思っていました。
実際プレイしてみて、期待を裏切らない内容で大変楽しめました!

おおよその構成は、
・プロローグ(二週目以降省略可)があり、
・前半パート(4〜20日目まで毎日マップから行き先を選択)
・後半パート(各キャラルートに分かれ、複数の選択肢を含むストーリーが展開される)
となっています。
エンドは10種類、ノーマル・バッド・各キャラごとにEND1/2があります(END1がハッピー寄り)。
一週目は1時間ほどかかるかもしれませんが、前半パートの要領を掴んでしまえば
あとは各キャラ30分くらいでしょうか…すんなり行けば。

程よく歯ごたえのある難易度でした。
まず前半パートから個別に行くにあたり、
魔物を倒す頻度と気になる彼に会う頻度のバランスを掴む必要があります。
それから個別ルートですね。一発でEND1に行けたのはラウトだけでした。
そこそこ際どい選択肢があってルートによっては数週してしまいましたが(汗)落ち着いて選んで何とかコンプリートできました。
現在、完全攻略はありませんがwebサイトに若干ヒントが掲載されています。
前半パートは魔物退治など繰り返してるうちに作業っぽくなってしまう感もありますが、一方で自由度(ゲーム性)という観点では魅力的でもあります。
後半もなかなか正解にたどり着けないと作業化してしまいがちですが、選択肢があるお陰でインタラクティブとも言えます。
今作に関しては作業化してしまう可能性をなるべく抑えつつもゲーム性をしっかり盛り込んだ、いい按配だったのではと個人的には思います。

お話の方も、とても面白かったです。
世界観は魔法ありの一般的なファンタジーかと思われますが、アミュレットの存在が少し独特かもしれません(もし設定があるのであれば、魔法やアミュレットについての詳細も気になるところです。生死について、その他人間との違いについてなどなど)。
個別ルートに入ってからも他の攻略対象が結構出てきてくれます。サブキャラのレアさんやグランデ領主もですね。主人公とそれぞれの人物の関係性がいい具合に絡み合っています。
そして、作品紹介にもある魔法使いの不審死の真相、フォルスがたまに見せる妙な表情、エメリートはなぜ主人公を気にかけるのか…などなど、前半に引っかかっていた部分が各ルートでどんどんクリアーになっていくので読んでいてとても惹きつけられました。

ちなみに攻略順は、最初フォルスを狙うもノーマルエンドに落ちてしまい、その後ラウト→エメリート→リューゲン→フォルスの順で攻略しました。
エメリートは作品紹介の画像を見た時点でツボでしたし、お話も彼のルートが一番お気に入りです。最後のスチルは本当に最高です!
次点でフォルスも気に入ってます。彼は普通にいい男ですがちょっと口が悪かったりするのがミソといいますか。個別ルートも深いです。

スチルが各キャラ9枚ずつあってとても満足です。立ち絵も素敵です、特にレアさんは見入ってしまいました。マップ画面のちびキャラver.も可愛いです。システムグラフィックもすごく綺麗です。
ボイスはフルではないものの結構入っている印象です。ゆえにゲーム本体の容量は500MBほどとなっています。
BGMはオリジナルで、しばしばお名前を聞く真島こころ様の美しいピアノ曲です。サウンドトラックも無料で公開されています(webサイト参照)。

最後にシステム面についてです。
Light.vn製ということでさほど不便はしませんでした。
1つ注意したいのはセーブ枠が9つしか使えない点です。それぞれの個別ルートに入ったときに保存するために4つ使い、それ以外の5つは適宜上書きするという方針で使いました。
また、v1.00でプレイしていましたがフォルスルートで何度か強制終了してしまいました。
別の(少し前の世代の?)Light.vn作品でも見られた現象です。
問い合わせたところ、可能な対策を施してv1.01にアップデートしてくださったので今後プレイされる方々は大丈夫なはずです。
環境にも依存するようなので、万が一強制終了が生じる場合はこまめにクイックセーブをしつつ慎重に進めてみてください、回避できる可能性があります。

改めまして、全体通して大変楽しませて頂きました。
素敵な作品をありがとうございました!
ボイスドラマも制作中とのことで、完成楽しみにしております。

製作サイト様
banner_multitaste.jpg
posted by 倉下 遼 at 09:14 | Comment(0) | 他作品

2020年02月29日

「悪運」ご感想等々ありがとうございます!


「転生してない悪役令嬢〜」の方ですが、
意外とまだ公開してから一か月にも満たないにもかかわらず
先日のレビューに続きあれこれご感想などお寄せいただいております!
ニヤニヤしながら飛石企画さんと拝見しております(*´v`*

まずですが…犬上まりあ様が実況プレイをしてくださいました!!
サムネイルのセンスめっちゃ良いです。。
製作者として「ここプレイヤーさんどんな反応するんだろうw」
と気になるところが何か所か(いや何か所も)あったので
その辺細かい所まで拝見できてもうニヤニヤが止まりませんwww
何周再生したことか…。
この記事を投稿した時点ではPart2まで出ていまして、
次回Part3で最終回とのことです。続きも楽しみです!!

それから、Twitterの方でもご感想を頂いています。
まずはブラジリアン忍術さんからです!
ブラウザ版も問題なく遊べるようで安心しました。
こちらは王子がアレというご感想に対し…

こちらはdeliさんからです。
まさか王子を気に入っていただけました(笑)
おまけの変顔機能も遊んで頂いてありがたいです!

そして、ふりーむ!のDL版の作品紹介ページにて
何とファンアートの投稿がありました!こちらも有難いです!
小説の表紙みたいで素敵です^^光の加減に趣を感じます。

プレイ後アンケートの方も複数お寄せ頂き
大変ありがとうございます!
上記でもお話しましたが結構キャラの人気投票はいくぶんバラけてる感じです。
あと好きなエンドの方もですね。
偏っているのは「最初にたどり着いたエンド」です(・∀・)ニヤニヤ
…といった傾向が徐々に見えてきました。
あと2〜3件集まったら一度結果ページを作ってもよいかも、と思ってます。
自由記述欄の方もたくさん語っていただき有難いです!
ご意見ご感想などなど伺えるのは、うまく説明できませんがとても嬉しいです。
何と言いますか、自分はシナリオも絵も担当していないので
立ち位置的には作者というよりファンに近いのですが。
スクリプト書いたりデバックしたりで死ぬほどループしてるので思い入れは深いです。

本作に関しては色々やりたいことがあるので
(という話を飛石企画さんとしておりまして)、
今後の動きにもぜひご注目ください。

おまけで、先日Twitterで出した設定画も置いておきますノ


因みにcrAsmの作品についてですが、それも忘れたわけではありません。
秋〜冬あたりを目標に設定資料集を作れたらいいなという方針です。
あとTEADなどのブラウザ版をどうしようか悩むところですね。
以前ウィルス駆除ソフトとかちあってしまってプレイできないという方がいらしたので
そういう意味ではブラウザ版を出す価値はあるのかもしれない、とも。
とりあえずは「ニーズがあれば出す」という方針にしておきます。

そういえば先日久しぶりにお絵かきしました。そのうちギャラリーに置きます。

posted by 倉下 遼 at 23:07 | Comment(0) | 日記