2020年09月20日

20.9.20更新情報


こんにちは、倉下です。
前回の記事以降もまたいろいろと動きがあったのでまとめます。

一番大きいトピックから。
9/12より「crAsmビジュアルノベルリスト2020」を開始しています。
昨今ビジュアルノベル(ノベルゲーム)関連のコンテストとしては
ティラノゲームフェスが目立つかと思いますが、エンジン製作元が主催しており
ティラノスクリプト/ビルダーで製作した作品のみしか応募できない仕様です。
ふりーむのコンテストが2018年で閉幕して以来
他エンジンのクリエイターを受け入れるコンテストはあまり無い
(厳密には夢現やウディコンがありそうですが、身の回りでは馴染みがない)
ということで1つ企画してみました。

現時点で13作品ほどご応募いただきました!+主催者枠3作で一応16作品。
また、製作中の作品が期限までに公開できれば応募するというお声も一部頂いています。
というわけで、こじんまりではありますが何とかリストの形にはなりそうです。
ご応募大変ありがとうございます!!宣伝してくださった方にも感謝です!
あまりに少なければ自分が全作品遊んで全作品レビュー書くだけの企画にしようかと思っていました()。

とにかく、日頃馴染みのあるサークル(サイト)様からのご投稿も嬉しいですし、
今回初めて知った作品もあって有難いです&ワクワクします!
投稿フォームの最後の自由記述欄に
企画への応援メッセージや主催の身を案じる旨を添えてくださる方もいらっしゃって
毎度PCの前で深々と頭を下げてしまう勢いです。
話が前後してしまいますが、募集開始早々に投稿してくださった方にも
とても感謝しております。開始直後は投稿が来るか本当に不安でしか無かったので…!

ところで、余談ですが。
製作者の方々は結構コンスタントに作り続ける(かフェードアウトする)方が多いと感じます。
というのも、自分に関してはやはり学生時代のハイパーストレス状態(+自然に囲まれた暮らしとか)があったからこそ作品が作れたのだろうと感じていまして。もう、少なくとも(スクリプトを書く以外で)作品を作ろうという意欲は殆どありません。ネタがゼロではありませんが裏取りが面倒なやつですし、絵もたくさん描きたくないし下手だし(これが最大の理由)、新しいBGMも作れそうにありませんし(アレンジはいけるが新曲が無理)…平時では全く持って創作向きの人間ではないと感じます。
昨年のアンケートなり今回のリストなり、データ取って整理したり分析したりしてる方が楽しいです。自分のコンピテンスも生かせる気がします。あるいはレビューですとか。あれも割と作品を分析してる感があります。
1つ難点は、外向的な人間ではないので人付き合いがあまり上手くなく(交友関係を広げにくく)、それによって企画の集客に常々課題が残るという点ですね;
一部のいいフォロワーさんがたくさんいらっしゃるインフルエンサーの方に頼り切りになってしまっている感は否めません。つまりその方々に頼れない状況になってしまうと詰むという…ううむ。
何が言いたかったか危うく忘れかけましたが、とにかくゲーム製作をしていないと時間に余裕がめちゃくちゃあるので、企画をやる上で皆様が思っているほど無理はしていないということです。どうかご心配なさらず!

というわけで、ご投稿はいつも大歓迎です、お待ちしておりますノ
あ、あと語尾に2020と付けていますが、
好評であれば今後も1〜2年に一度ずつ?開催できればと考えています。



1つ目のネタが長くなってしまいました;
ようやく2つ目のトピック。

先日「転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない」の
実況動画が見つかりましたので作品紹介ページに追加しました。
ボイスではなく文字での実況ということでとても新鮮でしたし、
内容も面白かったです!1ルートのみの実況で、約15分です。
改めまして、実況してくださったジオ様に感謝です!



それから。
明日9/21はエアコミティア133ということで、
サークルスペースメーカーでスペースを作ってみました。
これ作ってみたかったんですよ…!
といっても、BOOTHにはほぼTEADシリーズのサントラを置いているだけでして。
一応ゲーム本体も置いてみましたが、それでもスカスカ。
BOOTHの商品だけでなくpixivのイラストも置けるようだったので
両端2枚はそれで埋めました。あまりにひどいwww

サントラのジャケット絵など、ギャラリーに追加したい絵も若干あったのですが
それらはサボってしまいました。。もう少し溜まってから更新します。
サントラのジャケット絵の原寸大は一足先にpixivに置いたので
興味のある方はご覧ください。
pixivはアカウントをお持ちの方でないと何かと不便かと思いますので
基本的にはサイトのギャラリーに置いていく方針ですが、
レンタルサーバーの都合上1MB以上のファイルはアップロードできないので
でかい解像度で描いたときはpixiv(orこのブログ)にも置こうかと。



あとは、大した話ではありませんが
TEADシリーズの髪の色の遺伝についてまとめた資料を作りました。
重い腰を上げてようやく。設定・裏話wikiにも掲載しました。久々の更新。
だいぶ前に紙のメモ帳に描いたはずなんですが紛失していまいまして
記憶から何とか復元しました。
因みに、下図にたくさん出てくる中世的な生首(?)は
適当に即席で描いたのですが地味に気に入っています。


そんな感じで、例によってまた随分長くなってしまったので
今回はこの辺りで失礼いたします!




…と言いつつおまけ。
英語アカウントで「letterとladderが聞き分けられない」などと嘆いていた際に
フォロワーさんが「スペイン語の母音は日本語と同じ」と教えてくださました。
muchという意味の単語「mucho」は「むちょ」と読むそうです。
大陸の向こうに同じ母音を使ってる国があるとは…。
詳細は下記ツイート内の動画参照(0:25〜)。※vowel=母音

今度こそおしまいです。
それでは、また。
posted by 倉下 遼 at 15:36 | Comment(0) | 日記

2020年08月16日

2020.8.16 最近の更新


こんにちは、倉下です。
全国的に暑い日が続いているかと存じますが、どうか皆様ご自愛ください。
倉下は関東在住ですが、夜は大きめの保冷剤を脇に挟んで冷房を入れずに寝ていました(部屋に冷房が無い)。ただ今夜あたりから冷房のあるダイニング?で寝ようか検討中です。因みに保冷剤を挟むテクを知ったの結構最近で、それを知らなくて扇風機のぬるい風を頼りに寝ていた8/4頃に一度、熱中症っぽい症状で会社を休みましたorz 頭痛が1日中続いて紙の本を読むくらいしかできませんでしたね…あんな状況はもう避けたいです。

無駄話が長くなってしまいました。
さて、最近の更新状況です。
サービス業やその関連の方々、あるいは無休の育児などに追われる方etc.もいらっしゃる中で恐れ多いのですが、工場勤務の倉下はこの1週間お休みでした。なので、色々やりたかったこと片付けられました。

まず1つめ。少々お時間が空いてしまいましたが、先日書いたレビューをレビューリストの方に掲載しました。
「居候。リメイク版」という作品になります。詳しくはレビューの方に掲載しましたが、大変面白かったです!また、リンク集に製作サイト様を追加しました。


2つめ。
「crAsm サンプルノベル(開発練習用素材付き) 」なるものをリリースしました。
以前から「素材をかき集めなくても、これさえあればササっとエンジンのテストができる」というアイテムが欲しいと思っていたので、それを思い出すや否やノリで作成してリリース。本気のゲーム製作には使えないと思いますが、UIだけは流用できるかもしれません。BGMも一応日頃の倉下クオリティではありますが真面目に作ってます。
意地でボイスも入れましたが、この収録に関しては非常に苦労しました。「一人で喋ることができない」という謎の病(?)を持っているので、人の協力を得て漸くでした。ついでに自分の声を聞くのも苦手です。素材として同梱したボイスはボイスチェンジャーで編集してあります。

素材だけでのDLはitch(↑)からのみ可能で、サンプルゲーム版はふりーむにも投稿しました。受け付けてくれるもんですねぇ…。投稿時気が抜けてて画像を提出するの忘れてましたが、それっぽいのをふりーむさんがチョイスしてくださいました。

因みに、ゲームじゃないこともあり、やっぱりダウンロード数はこの1週間で累計2〜30件に留まっています。近いもので言えばTEADminiのLight.vn版もそんなもんです(現在公開から1年弱ですがDL数は41本)。それを考えると、サイドストーリー集であるGreenGrassが100DL超えてるのは地味にすごいです。
そういえば余談ですが、1〜2週間前に遂にTEADのDL数が冬ぬくを超えました。それぞれ現在376/373です。冬ぬくの方が公開が半年早いのと公開時の伸びが良かったのですが、GreenGrass出した辺りからTEADが看板作品という扱いをしていたのもあってでしょうかね。DLした後遊んで頂けているのかはわかりませんが、何はともあれお手に取って頂けるのは有難いです。


少々脱線してしまいましたが、3つめ。
「転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない」紹介ページにレビューを1件追加しました。こちらですが、英語版をリリースした際にドイツの方から頂いたものを英語・日本語に翻訳したものです。レビュワーの方は日独英の翻訳ができる方ということもあり、独→英の翻訳は(有償で)依頼しました。英→日の翻訳は倉下がやりました。レビューと言いつつも丸一日くらいかかりました;
非常に興味深い内容なので、作品をプレイ済の方もそうでない方も是非ご覧ください!


4つめ。
ようやくジャケット絵が完成したので、TEAD・GreenGrass・冬ぬくの3作分のBGMを詰め込んだサントラをリリースできました。
今回BOOTHに置いてみました。ゆくゆくエアコミケやエアコミティアに参加できるかも?という狙いもあり…。ただ、元々有料販売向けのサイト(多分)ということもあってかログインしないとダウンロードできないので、ご要望がありましたらGoogleドライブ(かitch.io)に置いてリンク貼ります。ご要望がないとやらないのは、そこまでニーズないかなというアレです…。あと、無料コンテンツだとDL数を把握できない仕様なので、願わくば「スキ!」ボタンを押していただけると有難いですm(_ _ )m
BOOTH結構良いところもあるのですが、無料DL関連については上記の2点(要ログイン・DL数不明)が不親切なので、これはitch.ioに置いてもよかったかなとも思いつつ(itch.ioはサントラも置ける、というかデジタルコンテンツ割と何でも置ける)、本編が日本語版しかないのに英語圏のサイトに置くのは忍びないという思いもあり、迷ってます。
20.8.18追記: DL数の確認方法ありました;失礼いたしました。

おまけ。ジャケット絵のフルバージョンもあります。
今日バナー等も作ってましたが、この画像どう切り抜いても割といけるので便利です。人物動かせますし。まぁジードが手前にいる分若干でかかったりはしますが、それはそこまで気になりません(その気になれば彼単体で縮められるし)。



その他、細かい話ですが少し他のゲームを遊んだりもしました。
1つは頂いたまま積んでたfault - milestone one(steam版)。メインヒロインの2人のビジュアルも非常に良いと思っていましたが、商業作品ですし話題作ですしやるまでもなく面白いのがわかりきっていて後回しになっていました;前述のレビューの翻訳を終えた辺りで思い出したかのように起動して、そのまま目がシバシバになりながら一気にプレイしてしまいました。語るまでもなく面白かったです。勘違いでなければ本作はRen'Py製で(シリーズの途中からはUnity?製)、どこまでRen'Pyの機能なのかよくわからないくらいダイナミックな演出でした。

今日遊んだ別な作品(こちらはフリーゲーム)でも凝った演出が随所に使われていて、自分ももう少し演出は勉強した方が良いのかもしれないと思いますね…。

あともう1つ、Royal Alchemistという英語の乙女ゲーに手をだしてみました。といってもデモ版ですが。グラフィックにすごく惹かれるのですが(特にヒロインの女の子)、わからない単語のオンパレードなので購入するかは迷ってます;そろそろitch.ioにお金を落としたいという思いもあるのですが。


さて、また随分と盛りだくさんになってしまいました;
今後の活動として考えているのは概ね次の通りです。
・転生してない悪役令嬢〜の英訳修正(秋ごろ目標)
・TEADシリーズの設定資料集をちまちま
・コンテスト等の受賞機会に恵まれにくい作品にフォーカスを当てるための、
 ちょっとした企画
 「レビュー書かせてくだ祭」(仮)
 「crAsm気まぐれゲームコンテスト」(仮)
・「ビジュアルノベル プレイヤー様向けアンケート」の結果を踏まえつつ
 界隈考察コラムっぽいもの
・単発のブログ記事
 - 転生してない悪役令嬢〜のitch.ioでの反響について語る
 - 製作に使用しているツールetc.まとめ

まだやるとは確定していません、やりたいな〜というレベルです。

来月辺りは職場にゲストが来るので仕事の方が多少忙しくなるかもしれませんが、
それでも残業0制限は続くと思うので比較的時間はあると思います。
最近サボってばかりなので本当はスキルアップも目指さないといけません。
特に、秋にTOEIC(英語の試験)受ける予定なので勉強しないといけないのですが、
結局このお盆休みの間はサボってしまいましたし。
コロナが無ければ海外旅行も視野に入れていたのですが。
まぁ、頑張ります…とか迂闊に言えませんね、ここまでの怠慢っぷりだとorz


今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます!
明日からお仕事/学校再開の方も、明日からお休みの方も、
まんべんなくお仕事続きの方も…様々な状況の方がいらっしゃるかと存じますが、
どうかお体に気を付けてお過ごしください。

posted by 倉下 遼 at 22:48 | Comment(0) | 日記

2020年08月01日

[レビュー]居候。リメイク版


今回のレビューは標記の作品です。
プレイ時間約30分ということで気軽に遊び始めたのですが…
流石は老舗サイト様の代表作(?)、筆を取らずにはいられませんでした。

《作品情報》
居候。リメイク版Time note + ticktock様)
ジャンル:恋愛ADV
制作ツール:吉里吉里2/KAG3
攻略対象:2人
ED数:5種類
プレイ時間(公式):約30分
プレイに至った経緯:即売会イベントで頂いたペーパー

isourou_1.jpgisourou_2.jpg


《ストーリー》(ふりーむ!作品紹介ページより引用)
− あの日は・・・よく晴れた日だった -・・・
高校2年生の主人公は、ある日の放課後事故に遭ってしまう。
目を覚ました時、何と自分の身体が好きな人の親友の姿になっていて・・・!?


《レビュー》
今回は、いつもの評価シートは割愛します。

前置きが無駄に長くなってしまったので
作品の内容だけ知りたい方は飛ばしてください。

◆ 前置き
本作は2014年1月にリリースされていますが、
2003年11月にコミックメーカー2(当時流行っていたエンジン)で製作された
「居候。」のリメイク版とのことです。今から17年前ですね。
2003年というと自分は中学生で、
自宅のPCがWindowXPになって1〜2年という頃です。
(学校のパソコン室にはまだwin98やMeのPCがありました。)
「居候。」には出会えていませんでしたが、当時から
いくつかの乙女ゲームやその他のフリーゲームを遊んでいたので
色々思い返すと懐かしいです。
そして、当時から活動されていて今でも現役でいらっしゃるということで
本当に尊敬いたします。

プレイに至った経緯は語ると少々長くなります。
Time noteのAeg様はいつからかお名前だけ存じ上げていたのですが、
あるとき即売会イベントで出店される旨のツイートを見かけて
スペースを訪ねたというのが作品に触れた契機でした。
そのとき頒布されていたのは「それはきっと漫画のような」でしたので
そちらは既にプレイしたのですが(cf. ご感想ツイート)…
同時に頂いていたイベントチラシの作品紹介一覧に
「反応の大きかった作品」として紹介されていたのが本作で、
ずっと気になっていたのでこの度プレイさせていただきました。

因みに、イベントの際に15周年記念本も(体裁に一目惚れして)お迎えしましたが、
この作品をプレイした後に見ると嬉しい内容が沢山あって感動しました!!
(15周年の際(2018年)に実施された人気投票で、歴代登場人物のうち
本作の攻略対象である旗山君が見事1位だったそうです。
尚、投票結果はwebサイトの特設ページにも掲載されています。)


◆ 作品の内容・ご感想

タイトルから、(主人公か攻略対象が)誰かの家に居座るというイメージを
抱いたのですが、そういう話ではありませんでした。紹介文きちんと読んでないのがバレる。

ある日の事故で、主人公の魂がクラスメートの体に入ってしまう―。
「2人の魂が入れ替わってしまう」というパターンはよくありますが、
本作は少し違います。
・主人公が「好きな人の親友の姿」になってしまう
・彼の言動をコントロールするのは主人公だが、彼の魂も彼の中に居る
という状況です。
「好きな人」=斐口(ヒグチ)君
「好きな人の親友」=旗山(ハタヤマ)君
この2人が攻略対象となります。
旗山君になってしまった主人公が、脳内の旗山君に怒られながら(?)
高校生活を送ります。その様子を見ているだけでも楽しいのに、
主人公は旗山君の姿でも相変わらず斐口君が好きという
妙な三角関係が更に面白いです。
旗山君と斐口君がまたいいコンビですしね。

なぜ主人公の魂が旗山君に入ってしまったのか…その点については是非
作品内でご覧いただければと存じます。

ここで少々、ネタバレありで語らせてください(反転)。↓

旗山君、事故の際に主人公をかばうも守り切れていないわけですが、
そういうちょっとカッコ悪い事態?になっているという点がとても好きです。

主人公がどちらかのものにしかならない、
どうしても片方は歯がゆい想いをする羽目になるのが少々切ないですね。
特に悠真君ルートでしょうか。
いや、元々主人公が悠真君に惚れてたの考えると
斗望君ルートでも(神の目線で考えれば)切ない気がします。
ですが、基本ほのぼのテイストなのでそこまで辛くないです
(それに高校生の失恋なので
 人生の一場面として苦い思い出があっても…なんて)。
でもって、攻略対象同士がお互いのことを気に掛けている描写が
きちんとあるのがとても良いです。割と乙女ゲープレイしてると
攻略しなかった攻略対象のことも気にしてしまう性分なので…。

↑ここまで↑
※反転部分を選択しても見れない場合、コピー→メモ帳などに貼り付けでご覧ください

各エンド後に開通するサイドストーリーや
コンプリート後のおまけ要素があるのも嬉しいです。
難易度は丁度良いと思います。当方は自力でコンプリートできましたが
webサイトにヒント+完全攻略も掲載されているので安心です。

それと、個人的な一押しポイントを。
容量が圧縮時9MB, 展開時13MBという驚異の軽さです。音源MIDI?
この軽さで30分(体感1時間くらい?)楽しめるのはすごいです。


2003年の初版公開から17年愛され続ける作品…本当に偉大です。
素敵な作品をありがとうございました!

製作サイト様:
Time note + ticktock


追記:
実はファンアートも描ければと思っていたのですが…残念なラフしか出来上がらず頓挫してしまいましたorz 現代ものx学園もの(制服)のイラストはほぼ初めてということもあり描いてて楽しかったのですが、いかんせん経験値不足だったようです;

posted by 倉下 遼 at 21:09 | Comment(0) | 他作品

2020年07月25日

20.07.25 近況(2) 最近の更新+α


ここ一か月ほどちまちま更新していましたが
ブログにまとめてなかったので紹介します。

更新その1。
「転生してない悪役令嬢〜」の実況プレイをして頂けたので
作品紹介ページにて紹介させていただきました。

まず沼音ニナル様。ゲストでツイ廃ちゃん様もいらしての生放送だったようです(見つけたのが放送後でしたので録画で拝見しました)。お二方(+コメントの方)のやりとりが面白かったです!ぎりぎりおまけエンド追加前でしたが、生放送だと本編だけでも長いくらいだったかと思います。最後まで遊んで頂き大変有難いです。
因みに最近新衣装をお披露目されたようで、そちらもまた素敵です。



続いて、りかち様にも実況して頂けました。全3本です(初回はこちら)。ノーラが「お嬢」と呼ばれてるのが良いですね。(恐らく)忌憚なくツッコんで頂いてて面白かったです(笑)。あとどうでも良い私事ですが、倉下の小中学生時代の友人にノリが似てて若干懐かしかったですw
他作品の実況もいくつか拝見したのですが、「おかんRPG」「僕たちが爆発するまで あと1分」辺りがとりわけ面白かったです。


実況等を拝見していて、一応あった方が良いかと思い
完全攻略を作品紹介ページに掲載しました。
最初の選択肢が分岐に影響しないのは確かに言われないと気づかないですよね;

-

更新その2。
「転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない」をv1.11にアップデートしました
(ふりーむDL/ブラウザ版のみ、本日時点では申請中)。
※(20.7.26追記) PLiCy・itchのブラウザ版について、先日v1.11にアップデートしてから動作がカクカクの状態になっていました(ブラウザ出力に使ったRenPyWebのバージョンを間違えていました)…7/4〜7/25までにプレイされた方、申し訳ありません。現在は修正済です。

「Grammary」という英文の校正ツールを教えて頂いたので使ってみました。
死ぬほどスペルミス・文法ミスがあって申し訳なくなりましたorz
アップデートしてから、「英訳については是非改善を」といったコメントは
だいぶ減ったと思います(それまではそこそこあり…)。
まだまだ英文として不自然な箇所も多そうなので改善は必要ですが。

そもそも、実のところ英語圏での反響が大きくて驚きました。
公開1か月でDL+ブラウザプレイ合わせて2000を突破しています。
その辺りの話についてはまた別途できればと思います。

もう1点、モバイル版のボタンが押しづらかったので改善しました。
モバイルはAndroidのみ対応で、相変わらずiPhoneでは不安定ですが;
ただ、RenPyWebの4月頃に出たバージョンでデータを作ったら
PLiCy/itch版についてはiPhoneでも起動はするようになりました(運にもよる)。
セーブ時に落ちたりするのでまだ自信を持ってお勧めはできません。
screenshot_akuyaku.jpg

-

その他、細かい話ですが拍手絵を先日差し替えました。
以前のものはギャラリーに置いています。
以前は季節ごとに入れ替えていましたが今後は据え置きになります。
あまりご覧になられる方も多くないので管理を楽にと…。
(とはいえ、たまにカウント増えてて有難いです!)
大層なものではありませんが、新しい拍手絵が気になる方は
ポチポチして頂ければ幸いです。2枚あります(TEAD/冬ぬく)。

-

それから、最近していることについて。

1つ前の記事でもぼそっと言いましたが
TEADシリーズ三部作のサウンドトラックを製作中です。
音源の準備は整ったので、あとはジャケット画像が出来上がれば公開できます。
(尚、例によって倉下作曲分のみの収録です、ご了承ください…。)

あと、ゲーム製作練習キット的なものを作っています。
需要あるのかわかりませんが、少なくとも
自分自身が初めてゲームを作るときにあったらいいなと思っていたので。
勢いで作り始めて、ボイス以外は完成しました。
ボイスは…クソボイス収録してクソ編集をかける予定です。。
録音の練習や恋声(ボイスチェンジャー)で遊ぶのは
スマートフォンでラジオニュースを流してマイクに当てて試してましたが…
ボイスチェンジャー使ったとして
自分の声を聞くことにどれくらい耐えられるのだろうか…。
あ、全て自作にこだわっているのは
そのままor加工・改変してゲームへの利用もOKとするためです
(ボイスは誰も使わないと思いますが)。


もう1つ。
最近windows10標準搭載の「フォト」や「ビデオエディター」で
簡単な動画編集ができるようになりました
(録画は「Windowsキー +G」を使っています)。


でもって、ボイスやムービーを含むゲーム製作もできるようにと
一応それらの入れ方を確認しました。特に難しいことはありませんでした。
ムービーを画像のように扱えるの便利そう。



だいぶ盛りだくさんになってしまいました;
それでは、今回はこの辺りで。
最後までご覧くださった方(いるのか?!)、ありがとうございます!
posted by 倉下 遼 at 16:26 | Comment(0) | 日記

20.07.25 近況(1) 最近拝見したもの


こんにちは、倉下です。
色々書きたいネタありますが、一気に書くと長くなりそうなので順を追って。
まずは最近見聞きした作品についてです。

1. 別れはバルコニーで
2. スティール・ブルー

1. 別れはバルコニーで
だいぶ前がら存じ上げていたのですが、完結しているときちんと認識できていなかった気がします(汗)。これほどのボリュームとクオリティで、完結していて、フリーで聴けるボイスドラマは他に知りません。ファンタジーなのも嬉しいです!
登場人物が多い&声だけなので、途中で誰が誰だかわからなくなりかけましたが、キャラ紹介ページで確認できました。相関図などもあって親切です。イラストはかの有名なHACKMOCKのムー子様で、豊富なイラストを拝見できたのも満足です。特に高貴な人たちの衣装が魅力的です。
当初バッドエンドを恐れていましたが、救いが皆無というわけではなくて良かったです。途中で辛い別れもありますが締めくくりは爽やかでした。
尚、(まだプレイできていませんが)番外編のADVゲーム「ワルツは幻影のあとで」が先月リリースされています。


因みに、お絵かきのお供に拝聴していたのですが…全部で4時間弱あるにも関わらず、全編聞き終えてもイラストの方は下書きすら終わらずorz。
じきに出すサウトラのジャケット



2. スティール・ブルー
先日レビューを公開いたしました。壮大な作品なのですが、まさかのフリーゲームです。
Twitter用に作ってみたバナー
200714_sb_banner.jpg
裏話をしますと、一見普通のレビューに見えますが最後のリンクから飛べる「番外編」からが本番だったりします(本編の10倍くらいあるかも…)。ネタバレ部分は隠してありますが、ほぼネタバレしかありません。コンプリートまで1ヶ月、そこからレビュー+ファンアート公開まで更に1ヶ月かかってしまいました(途中で別件を挟んだ影響もありますが)。プレイ日記なるものをつけたのは昔コンシューマーゲームを遊んでいたとき以来でした。最初と最後での温度差が分かります(笑)。

ほぼ備忘録(自己満足)で書いたものでしたが…
なんと、製作者様にもご覧頂けました!嬉しすぎます…!!当方などにとってはお雲の上の方すぎて、ご一報頂いた日は震えが止まりませんでしたorz


イラストは、誰を描くか絞りきれずに結局5人描いてしまいました(それでも絞った方)。手をいくら動かしても終わりが見えなくて途中で途方に暮れかけましたが(苦笑)。3人以上(真面目に)同じ画像に納めたのは実に数年振りでした;。シリウス君(左下)は笑顔差分がとりわけ良かったので笑顔にしてみました。因みに、当初シリウス君がマドレーヌ、ツィーさん(中央)がお盆にお茶を乗せて持っていたのですが、お茶が前の2人に被って隠れてしまうので辞めました;
服やアクセサリーの模様など簡略化してしまった部分もありますが、作中のイラストは書き込みが細かくて驚きました。改めまして、本当に素晴らしい作品でした!

因みに、プレイし始めたときのツイート見つけました。


それでは、今回はこの辺りで。
最後までご覧頂きありがとうございますm(_ _ )m


posted by 倉下 遼 at 14:01 | Comment(0) | 他作品

2020年07月15日

[レビュー]スティール・ブルー


こちらでcrAsmのレビューも20本目となりました(ようやく)。
今回はシミュレーションゲームです。
フリーゲームでありながら大作です。
総プレイ時間100時間超にもかかわらずコンプリート(※)するのが惜しいほどでした。
ここまでどっぷりハマった作品は10年振りくらいかもしれません。
※ =全スチル回収

《作品情報》
スティール・ブルー −Steal・Blue−ArioGarden様)
ジャンル: 女性向け恋愛ゲーム(全年齢対象)
制作ツール: WOLF RPGエディター
攻略対象: メイン7人 + サブキャラ
ED数: 15以上(メイン7ルート+サブキャラルート等)
プレイ時間(公式): 1周:7-10時間
プレイ時間(倉下): 1周:14〜20時間、コンプリート:100時間超
プレイに至った経緯: CV担当の方の実況動画を見て

stealblue_1.jpgstealblue2.jpg

《ストーリー》(ふりーむ!作品紹介ページより引用)
父親の莫大な借金を背負わされ、貴族の地位を失った姉弟。
あることをきっかけに、「シエルバトー」と呼ばれる
空飛ぶ鋼鉄の船に乗ることになる。

青空の下で出会う、個性豊かな仲間達。
その出会いが、少女の未来を大きく変えていく。

――運命の日。

少女が選ぶ、たった一つの未来とは。


《レビュー》
eval_stealblue.png

この作品の魅力的な点を挙げればきりがありませんが
未プレイの方向けのレビューとして挙げるなら
まずは「ゴールが"ボスを倒す"でなく"借金完済"」という点です。

お金を稼ぐことが第一目的であり、稼ぎ方も様々です。
わかりやすいのに自由度のあるゴールと言えます。

つまりは単なる作業ゲーなのか?
いえ、そんなことは全くありません。
ギルドの依頼や採集先もバリエーションがありますし、
何より7人のメインキャラや
その他のサブキャラ達との様々なやりとりを楽しめます。
1本の決まったストーリーを辿るのではなく
魅力的な仲間たち1人1人とじっくり関われるという点でも非常に満足でした。
恋愛ゲームならではかと思います。

作業のような部分もありますが、随所に出てくるイラストが可愛かったり、
マップやUIも非常に丁寧で見ていて飽きません。
バリエーション豊富な会話イベントが随所で発生するのも楽しいです。
ある意味、作業が苦にならないことに驚かされました。

ゲームシステムについての詳細は
ぜひ公式サイト→Systemをご覧ください。わかりやすく紹介されています。
1,2周遊んでから改めて見ると更に発見もある…かもしれません
(自分はありました)。

長編作品ということもあり、
v1.05でもバグや誤字脱字はゼロではありませんが、
攻略する上で致命的なものには出くわしませんでした。
各キャラを攻略できない場合は攻略サイトも参考になります。

難易度は、個人的には丁度良いと思います。
実況動画を序盤2本ほど見てからプレイし始めたので
若干のヒントは得ている状態ではありましたが、
1周目でもノーマルエンドやバッドエンドには行かずに済みました。

これからプレイする方が知っておくと良いのでは、という情報を
なるべくネタバレが無いようピックアップしてみました
(下に行くほどネタバレ度合が上がります)。
リソースは自分がプレイした経験+一部は攻略サイトの情報です。

★皆様向け
BackSpace → 人物紹介 に攻略のヒントが表示されます。
この内容はストーリーの進捗とともに更新されるので
イベントが発生する都度確認するとスムーズに進められます。

★忙しい方向け(反転)※
・サブキャラはメインキャラ・他のサブキャラとの同時攻略が可能です。
(エンディングを迎える前にセーブしておいてください。)
 但し、一部例外があります。
・所持金が期限までに返済額に到達しなくても、そのまま進めてみてください


★更に忙しい方向け(反転)※
・基本的に、スキルが効果を発揮するのは★が半分埋まってからです。
 また、人に教えてもらう方が早く伸びます。
・スキル上げのために一定期間採集に行かず船に籠るのも有効な策です。
・主人公+攻略対象のみで採集に出掛けることも時には必要です
・メインキャラのうち3人は、所属国に依らず攻略可能です
 (希望を言うことはあるがマストではない)
 (尚、彼らは途中まで他メインキャラと並行で攻略できますが
  シナリオに没入しづらくなる等の理由でお勧めしません)。
・ヴィエイヤールはツィーと同時攻略できません
・アリスとイディオは同時攻略できません(一方のエンドが優先される模様

※反転部分を選択しても見れない場合、コピー→メモ帳などに貼り付けでご覧ください

ここから、キャラとストーリーとについて少々。
主人公のリラちゃん、最初は若干好きになれませんでしたが
進めていくうちに肝が据わってきて好感が持てるようになりました。
気づけば終盤は「何ていい子なんだ…!」と。
シリウスもしっかり者で、船員の皆さんもとても良い人たちばかりで、
会話したり一緒に戦ったりするだけで楽しかったです。
個人的にはサディルとツィーがイチオシです。
サブキャラや、ギルドの皆さんまで非常に魅力的でした。

世界観や一部のキャラの正体など、プレイしていくうちに
気になるところが徐々に明らかになっていくのも良かったです。
時に楽しく、時に切なく、大変良いストーリーでした。
ネタばれせずに語ると何がなんだかわかりませんが(いつもの);
エンドを迎えるたびに脳内でリプレイして余韻を味わっていたものです。
レグルスエンドを見た後は半日ほどずっと頭を抱えて(?)いました。
記憶を消してもう一度この感動を味わいたいくらいですね…。

ひとまずブログでのレビューはここまでにします。
語り足りない部分は別ページに記載しました。
スティール・ブルー レビュー番外編

大変素晴らしい作品をありがとうございました!
公式サイト
posted by 倉下 遼 at 20:35 | Comment(0) | 他作品

2020年06月21日

「転生してない悪役令嬢〜」おまけエンド追加!他


お世話になっております、倉下です。

今年2月に公開した「転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない」ですが、この度追加エンドを実装してv1.10にアップデートいたしました。
そもそも未プレイの方はもちろん、既にプレイ済みの方にもぜひ再度プレイしてみて頂ければ幸いです!

以前のバージョンをプレイされている方はセーブデータが引き継がれます(※)ので追加部分からプレイできます。DL版の場合は最新バージョン(v1.10)をダウンロードして普通に起動してみてください。ブラウザ版の方は以前プレイしたサイト(ふりーむorPLiCy)から普通に遊んでみてください。
※DL版v1.00は手動での引継ぎが必要です(readme参照)。ブラウザ版で初期化されている場合はお手数ですが未読スキップなどご活用ください;

誤字修正の他、モバイル用UI実装に当たり改行位置を調整した箇所が少なからずあります。該当箇所では既読スキップが止まってしまうので少々プレイしづらいかと存じます。
また、永続データ(既読情報やクリア情報など)は引き継げますが、旧版のセーブデータをロードするとエラーが出る場合があります。どのみち追加エンドを見るにはスタートからやり直さないといけない仕様ですが…。
何はともあれ、上記2点ご不便お掛けしてしまいますことお詫び申し上げます。

さて、今回のアップデートと同時に、この度作成したプロモーションビデオを公開いたしました。
動画の編集はご縁があって倉下の知人に依頼することができました。ボイスの方は、以前本作を実況プレイしてくださった犬上まりあ様にご協力頂くことができました。大変感謝いたしております!


もう1つ。英語圏でメジャーなゲーム投稿サイトであるitchにも本作を投稿してきました(こちら)。簡単に作品紹介ページを作り込める、作品紹介・作品データともに審査不要で変更がすぐに反映される、アクセス・プレイ数の解析画面が充実している等、様々な面で使い勝手の良い投稿サイトです。個人的には「こういうのが欲しかった!」という感覚。日本では難しそうですが…。

また、皆様よりご回答頂いておりましたアンケートの結果も公開いたしました。
もちろんまだまだ受付中(今後は不定期更新)ですので、未回答の方は是非是非ご回答ください!追加エンドと追加キャラも出してますので、以前回答された方の2度目のご回答も歓迎です!(自由記述欄にその旨ご記入頂けると更に有難いです)。

それでは、今回はこの辺りで。
posted by 倉下 遼 at 20:49 | Comment(0) | 日記

2020年06月16日

2020.5.27- 6.8 更新情報


サイト更新したままブログすっぽかしてました;

まず、Ren‘Pyブラウザゲームをふりーむに投稿する方法を掲載しました→こちら
Ren’Pyやふりーむの一利用者に過ぎない自分などが掲載するのも気が引けますが、
(投稿暦のある)一製作者として掲載してみることにしました。
何処かからお叱りを受けた場合は取り下げるかもしれません、ご了承ください;

少々脱線しますが…今まで「Ren'py」と表記していましたが
正しくは「Ren'Py」でした;
5年半ほど間違え続けていましたorz 大変失礼いたしました。
ひとまず目立つところは修正いたしました。

更新情報に戻りまして。2点目。
「理工系男子と秘密の恋愛」等でお馴染みのバラ色プリンスのべろさんより
あまりに麗しすぎるサンテのイラストを頂きました!!
頂き物ページに展示したので是非ご覧ください!!
以前のディルに続き2枚目です、もうもう頭が上がりませんm(_ _ )m
人物はもちろん、構図やデザインのセンスがまた素晴らしいです!
改めまして、べろさん大変ありがとうございました〜〜!!

それから。
先日、いつもお世話になっているdeliさん・飛石企画さんと
リレーお絵かき?的なものをやらせて頂きました!
お二人の許可を得てギャラリーにも展示いたしました。
自分が何故かサラリーマン書いたら
どんどん哀愁が増していくのが可笑しくて仕方なかったですw
線画は飛石さんのご好意により超イージーモードだったのと、
配色の自由度めちゃめちゃありそうで完成が楽しみでしたね。
deliさん原画の翼人?さんは塗ってて楽しかったです。
下絵・線画で一番楽してる人間故にせめて塗りくらい頑張ろうと気合いを入れて。

この初夏はもう少しお絵かき捗るかなと思ったのですが、
上のイラスト塗り終えた辺りから何を描いても思い通りにいかなくなってしまい
しばらくお絵かきをお休みしてしまいました
(とりわけ、自分が全く眼鏡を描けないことに気づいたのは衝撃でしたね…
 確かに最後に描いたのいつかわからない、義務教育時代?)。
ラフだけデスクトップに散らばってますね。。
ネタはあるので、ここぞという気運になったらまた描くと思います。

それでは、今回はこの辺りで。
近頃少し水面下で動いていることも2、3あるので
準備が整い次第またお知らせいたします。
posted by 倉下 遼 at 19:42 | Comment(0) | 日記

2020年05月27日

Ren'Pyブラウザゲームの投稿方法、ほか


こんにちは、crAsmの倉下です。
標記の件、これまで何となく様子見状態を維持していましたが
先日お問い合わせを頂いたこともあり(有難いです><)
この機会にブログに掲載しようかと思います。
内容に誤りや問題などがございましたら大変恐縮ですがご指摘頂けますと幸いです。
また、Ren'Pyのブラウザ対応は現在β版のようですので予めご了承ください。



2019年秋にふりーむ!さんにRen'Pyブラウザゲームを投稿し
無事に公開して頂くことができました(ふりーむ!様と開発者様の多大なご協力のもと…)
また、PLiCyさんにも投稿しています。


■ 対応OS・デバイス

Ren'Pyブラウザゲームは現在、iPhoneからのプレイができません
(起動する場合もありますが不安定です、特にセーブ時)。
WindowsPC、およびAndroid端末からのプレイは可能です
(できない場合は別のブラウザを使用してみてください)。
macやLinuxでのブラウザ版プレイについては確認が取れていません。

尚、ダウンロード版やアプリ版は各種OS・デバイス向けに出力可能です。
スマートフォンアプリ(特にApple Store向け)は投稿にお金がかかるので容易に試せませんが…。

関連して…ブラウザ版・ダウンロード版・アプリ版いずれでもそうですが、
製作時にモバイル・タブレット向けUIを仕込むことができます。
デバイスに応じて違うボタン配置や文字サイズにできます。
詳しくはドキュメントをご覧ください。
転生してない悪役令嬢はまだ運命を知らない(PLiCy版)
PC・タブレット・モバイル用UIを用意してますので、
タブレットやAndroidスマートフォンをお持ちの方は見比べてみてください。


■ 投稿方法

PLiCyさんに投稿する場合は、普通にHTMLのゲームとして投稿すればOKです。
Ren'Pyランチャーのweb(Beta)からウェブアプリケーションをビルドし、
生成されたファイル(「index.html」を含むフォルダのファイル全て)を選択して
zipファイルにしたものをアップロードするだけです。
投稿後10分程度で公開されるので、お試しでの投稿も気軽にできます。
例)TEADmini(PLiCy版)

ふりーむ!さんに投稿する場合は少々作業が必要となります。
倉下は以下の手順で投稿用ファイルを生成して投稿しています。

★ Ren'Pyブラウザゲームのふりーむ!への投稿方法 ★
1) ランチャーのweb(Beta)からウェブアプリケーションをビルド
2) game.zip → game.data へと名前変更
3) index.htmlをテキストエディタ等で開き、その中の
 「var DEFAULT_GAME_FILENAME」の値を'game.zip' → 'game.data' に変更
4) index.wasm.gz を展開し(※)、.gzファイルを削除
 ※7-Zip(フリーソフト)のような展開用ツールが必要かもしれません


ご参考まで、実際にふりーむ!に投稿したファイルはこちらです。
作品はこちら → TEADmini(ふりーむ!版)

上記はふりーむ!での投稿に於いてのみ必要な作業です。
他投稿サイトを利用する場合は必要ありません(のはずです)。

補足です。ふりーむ!とPLiCyのほか、
itch.io という英語圏のゲーム投稿サイトで
複数のRen'Pyブラウザゲームが投稿されています。
こちらのページにRen'Pyブラウザゲームの一覧があります。
(20.7.25追記)「転生してない悪役令嬢〜 itch版」投稿しました


■ 余談

v7.3.5(現在の推奨バージョン)でブラウザゲームをビルドすると、
BGMがガタついたり動作がもっさりすることがあるかもしれません。
Ren'Py webの比較的新しいバージョン(※)では改善されていますので、
将来的には推奨バージョンにも組み込まれるのではないかと期待しています。
Patreon(クラウドファンディング)に参加していると入手可能


ご不明な点などございましたら、webサイトのメールフォーム等から
お気軽にお問い合わせください!
生憎そこまで詳しいわけではありませんが、分かる範囲でご回答させて頂きます。
posted by 倉下 遼 at 18:14 | Comment(0) | Ren'Py

2020年05月05日

crAsmサイト5周年!


本日でサイト開設5周年になります。
(当初の)メインであるゲーム製作や、それ以外にも色々やってたこともあり
振り返れば本当に充実した5年間でした!
そしてここまで多くの方々にたくさんお世話になっておりますので
改めて感謝の意を表したいと思います。

特別お祭り騒ぎの準備はしませんでしたが
ささやかながらイラストを1枚。ギャラリーにも格納しました。
本当はもう少し凝りたかったのですが
いかんせん気づいたのが一昨日で手遅れでした…。

いいねの数が多すぎて内心ヒヨってます
(しかもゲームの宣伝等と違ってほぼ全部フォロワーさんからという)。
本当に恐縮です。有難いです。
Twitterで反応してくださる方以外にも
作品をプレイしたりHPにお越しくださったりする方が
いらっしゃる(はず)と思うと尚更です。


- - -

以下、こぼれ話になります。

イラスト、凝るどころか実は1枚没にしてたりします(ごめんよアルス…
戦闘モードな雰囲気にしようとしたら不機嫌な顔にしかならずorz
線画もさることながら塗りも詰んでしまいorz
ですがまぁギリギリ許容範囲?と思ってこっそり載せてしまいました。

他にもラフを描いては消して…を2,3回やって、
うわーこんな時に限ってスランプ?!と幾分パニック気味でした。
で、横長は無理だ縦長にしよう!いや縦長もダメだ!と
わちゃわちゃやってるうちに冒頭の絵になりました。ディルたそ多分描きやすい。
(エゼノスは描きやすい気がする割に描かない。そろそろサンテも描きたい。)
このHPはゲーム以外のコンテンツも色々あって
作品や登場キャラを知らない方も多いと思うので、
お礼絵としてはアルスか、せめてディルが望ましいかなと思ってました。

因みに、お声掛け頂いて昨夜オンライン飲み会に参加していたので
その際にお水を片手に冒頭のディルの絵を描いてました。
飲み会とは一体。。
(ビデオONの皆さんはお酒とおつまみを片手に参加されてました。)
どのみちオンライン飲み会だと
複数人で同時に話すわけにはいかない→聞き手タイム長めなので
さぎょイプ(作業スカイプ)同様に
お絵かきのような言語を使わない内職は捗る印象があります。

最近お絵かきにお熱?なので
もう少しぽろぽろ出てくると思います。
絵以外にも何か出てくるかもです。

あ、他の何かといえば先日「転生してない悪役令嬢〜」PLiCy版に
モバイル・タブレット用UIと英訳を実装しました。いずれもβ版としてです。
Androidでプレイするときちんとモバイル用UIの方で表示されるようです
(テストにご協力頂いた方には改めてお礼申し上げますm(_ _ )m)。
英訳の方は、もう少し海外作品などをプレイして精査したいです。
その辺りが落ち着き次第、ふりーむ側もアップデートして改めて告知します。

チラ見せ。まずこちらが今まで通りのコンフィグ画面(PC用・日本語)です。
Menu_pc_JP.png

こちらがモバイル版のコンフィグ(英語)・メッセージウィンドウ+クイックメニュー
Menu_mobile_EN.png Menu_say_mobile.png
指定のタグを与えておけば内部でデバイス情報を取得して自動で切り替わります。
デフォルトUIを使用する場合、一切編集しなければ最適化されるはずです
screen.rpy・gui.rpy内にモバイルデバイス用のスクリプトがあります。
詳細はドキュメントのこの辺をご覧ください。

蛇足ですが、クイックメニューの表示・非常時の制御を
メッセージウィンドウと連動させたかったので
(いずれかだけが表示されてることの無いようにしたかった)、
本作はクイックメニューをメッセージウィンドウに仕込みました。
正確には、今作で漸くそれができることに気づいたのですが;

Ren'py関連の話についてご不明な点やご相談がございましたら、
メールフォーム等からのお問い合わせも大歓迎です!
(可能な方はTwitterでDMを頂けると最もスムーズです)。
先日メールフォームを少し変種して、英語対応に加え
「Ren'pyに関する質問」というカテゴリを追加しました。
内容次第では「一緒に考える」しか出来ないかもですが…;

Ren'py日本語版チュートリアルについても再掲します。
下記スレッドをご覧の上、是非お試しください。


主題が冒頭の1/3くらいで無駄話が随分長くなってしまいました。
が、最後に…

上記のように此方は大型連休(+一時帰休)を満喫していますが、
お知り合いの方々を含め新型コロナウイルスの影響を
大なり小なり受けている方もいらっしゃってお心苦しいところです。
また、このような中でも各地で度々大雨や地震もあるようで気がかりです。
ご無事をお祈りするとともに、自分の出来ることはしていきたい所存です。

というわけで、今回はこの辺りで閉じます。
こんなところまでご覧頂きありがとうございましたm(. . ;)m
posted by 倉下 遼 at 23:05 | Comment(0) | 日記