2017年11月17日

ぷち更新


ご覧の通り…かはわかりませんがTOPを少しいじりました。
度々「コンテンツが多すぎて見きれていない」といったような声を頂くことが
ありましたので優先順位がわかりやすいようにしました。
もう少しコンテンツ絞ることもできるような気がするんですけどね、
コラムをギャラリーに突っ込んだり
拍手(・返信)・Twitter正方形のアイコンにして別口で置いたり。
HELP ME/YOUは無くしてもいいかなという気がしてますし。
まぁまたそのうち。

ここ1,2週間は仕事が繁忙期だったもので家であまりPCをいじってませんでした。
でも日付だけ見ると直近の日記を書いたのもそんなに前じゃないですね。
来年の2月にまた試験があるので暫くは勉強と実技の訓練に
ウェイトを置くことになりそうです。
専門外の分野なので尚更一筋縄ではいかなさそうです。がんばります。


ところで先日、いつもお世話になっている飛石企画様と
あほちゃん様の共同制作「余裕な野郎と生意気娘」がふりーむ!で公開されました。
短編ですが短すぎず、でも内容が詰まってます。是非プレイしてみてください!


posted by 倉下 遼 at 21:37 | Comment(0) | 日記

2017年11月07日

もろもろ


TEADのバージョンアップ後に思ったよりDL数が伸びました。
プレイしてくださった方々に感謝です!

Indexを平常運転に戻しました。
今後もdeli様の素敵なイラストは頂き物ページよりご覧いただけます。

先日実施したリクエストボックスは
残念ながら投稿がゼロでしたorzので特に何もしません、ハイ…。
あれはやっぱりクオリティの高い作品を作られる方向きなシステムですかね。
特に、絵がうまい絵描きさん向きなのかと。
自分は何やっても上手くないのも分かっているので
お題箱くらいのつもりだったのですが…
無闇に人様の力にすがるのはいけないですね。

ところで先日、長文レビューに定評のあるM.M様が
塩路ハル様の「ナイト・メアリー」のレビューを書かれていました。
例によって前半はネタバレなし、後半はネタバレありです。


度々自分がプレイした作品の他の方のレビューを拝見しますが、
倉下とは視点が違って面白いです。因みに倉下のレビューはこちら


追記はまた無駄なプライベートな話です。

続きを読む
posted by 倉下 遼 at 06:44 | Comment(0) | 日記

2017年10月21日

TEAD1周年です!


本日でTEAD公開から1周年です!
プレイしてくださった皆様、応援してくださった皆様
本当にありがとうございます。

TEAD1周年記念リクエストボックスをご用意いたしました。
あまりダラダラ募集するのも難なので期限を1週間に設定しています。
https://goo.gl/forms/kcCSFre5Y6AFs6cm2

誰からも何もなかったら寂しいので
軽い気持ちで投稿して頂けたら幸いですm(_ _ )m
こちらも軽い気持ちでお答えさせていただきます。
全てのリクエストにお答えするというものではないので
その点はご了承願います;

先日予告していた通りゲーム本体をver1.10にアップデートしました。
先に申しておきますと、ストーリーや絵の変更はほぼ無いので、
プレイ済みの方は無理に再度DL・プレイして頂く必要はありません。
https://www.freem.ne.jp/win/game/13145
アップデート内容は以下の通です。
・データ軽量化(マイナス15MBくらい)
・シナリオ微修正
 …サンテルートのセリフで「ふた月」→「3ヶ月」に修正。
  後の「あれから2,3ヶ月〜」と矛盾していました;
・メッセージウィンドウ更新
 …ちゃんと画像つくりました、ちょっと見栄え良くなったと思います。
・後書き更新
 …最近の状況に合わせました。
・Extraのキャラ紹介のメッセージ枠を拡大
・サウンドテストの表示の不具合を修正
・Main Menuの背景色表示遅れを修正
・READMEのHEADをHTML5に書き換え

作った後でRen'py本体のアップデートが入ったので
スクリプトも少しだけ修正しました。
一通り確認したつもりですが、もしかしたらまだ表示不具合があるかもです;
また、その都合でアップデートパッチの作成は見送らせていただきましたので
どうしてもver1.10にアップデートしたいという方は
お手数ですが再度本体のDLをお願いします。
セーブデータは引き継ぎできるはずです。
同梱のreadme.txtに方法を記載しましたが、こちらにも転載しておきます。

《「ver1.0」からのセーブデータ引継ぎについて》

「TEAD.exe」が入っているフォルダ→「game」フォルダ
→「saves」フォルダに「persistent」というファイルがありますので、
旧ver.から新ver.にコピーしてください。
※新ver.で「saves」フォルダが見つからない場合、
 一度ゲームを起動すると作成されます。

ver1.0のセーブデータ(「○○○.save」)をver1.10で
読み込んだ場合の動作は保証いたしかねます。


Ren'pyのアップデートでmac用のディストリビューションが
別ファイルになってしまうようでしたので
macの方はお手数ですが作品紹介のリンクからDLしてください。
セーブデータの引き継ぎが有効になるか等は未検証ですので
もしお気づきの点があればお知らせいただけますと幸いです。
申し訳ありません。

それにしても、今回久々にTEADをプレイしたのですが…
ほんと、骨ばかりで肉が無い感じでした;
あと助詞を省略しているなど口語調で書かれていて
若干くだけているのと読みづらいのとが気になったのですが
直し始めるとキリがなさそうだったので見送りました;
そういうのをやるなら絵もシナリオも曲も本気でメスを入れて
ver2.0としてリリースするとかですかね…やるとしたら、ですが。
自分は気に入った作品については一度プレイしてから
2,3年後にもう一度プレイしたりもしますが
皆さんどうなのでしょう。


すみません、長くなりました。以上です!

17/10/22 追記
INDEXを通ってきた方は既にご覧になっているかと思いますが、
いつもお世話になっているdeliさんからお祝いのイラストを頂きました!


めちゃくちゃ感謝です!
ディルもサンテも愛されてて嬉しい限りです(´∀`*)ノ
posted by 倉下 遼 at 08:39 | Comment(0) | 日記

2017年10月14日

ファンアートを頂きました!


みんな大好き塩満さんからディルのイラストを頂きました!
しかも今回はアナログです!!
t-006.png
デジタルじゃないと表現できないと思っていた髪のフサフサ感とか
目のキレイさとか、手書きでもかなり表現されててビックリでした。
でもって、以前にもアルスやエゼノスを描いてくださってて
感謝してもし足りません><

日頃のお礼にも及ばないですが当方も花武士のイラストに挑戦しました。
実は和服を描いたのがほぼ初めてでなかなかに苦戦しました;
こちらの絵は先日一足先にギャラリーに掲載しています。


ところで、こちらですっかり申し遅れてしまいましたが
10/7ディルの誕生日ということで出先で1枚描きました。
事前に描いておけばよかったのですが…
でもたまにはアナログも悪くないかもです。


ちなみに、今回もぷちのこアルス連れて行きました。
倉下さん旅先ではやたら船にハマってはしゃいでました。



さあ例によって今回もプライベートな余談付きです。

続きを読む
posted by 倉下 遼 at 16:36 | Comment(0) | 日記

2017年10月03日

しれっと


そんなわけで先日はレビューを1本書かせていただきました。
自分は物語のメッセージや訴えというより
キャラクターや雰囲気を楽しむタイプなのかもしれません。
あとナイト・メアリーから星に願いをまでの間に何作かプレイはしていますが
レビューを書くに至るような作品というのは
コモデティでなくてどこか独自性を感じられるものが多いですね。
良い作品でも気分や忙しさ如何で書き損ねたりするのですが。
特に、既に色んなところで色んな人が色んなことを言ってる作品は
自分ではレビューを書かずに終わる傾向が強いです。

もう一週間経ってしまったんですね。
10月じゃないですか。
昨年は今頃TEADの製作に汗水流していた(?)はずですが
何だか既に2、3年くらい経っているような感覚です。
それだけ一年間色々な取り組みができたということかもしれません。

有言実行ならぬ無言不実行になりそうなので少し明かしておくと
TEADのシスグラを作ったので今月を目処に更新しようと思ってます。
何箇所か微修正も入れてます。あとはシナリオや後書きも少し修正したい。
いずれにせよ、プレイ済の方に再度DLして頂いたり
パッチを当てて頂くほどの変更ではありません(一応パッチは配布するつもりですが)。
tead_sample1.jpgtead_sample2.jpg

それから現在TEAD・冬ぬくのスピンオフを製作中です。
エゼノスの小話は仕上がっているんですがアルスとサンテが進みませんorz
あと画像を描くのも大変ですが素材を集めてくるのも大変です。
TEAD一周年のタイミングで出したかったですが
このペースだと早くても年末年始ですね;
TEADの小話が完成した時点でv0.5でリリースして、そのうち冬ぬくの小話も完成したら
v1.0としてリリースするというのが方向性としては有力です。
gg_sample1.jpggg_sample2.jpg
正直本当に完成させられるかわからないのですが、
引き下がるにはちょっとアレかなというところまでは来たので。

最近Twitterの方が情報が早くてTwitterを引用することが多かったですが
今回の情報はブログ初公開です。
いつもご覧頂いてる方に感謝の気持ちを込めて先行でお知らせでした。
…いや、そんなに価値ある情報でも無いですが;
というか主にモチベアップの為の情報公開なので
寧ろお付き合い頂き感謝ですm(_ _ )m

ではでは、また。

追記にちょこっとだけのろけ話でも書いておきますか。

+


続きを読む
posted by 倉下 遼 at 06:32 | Comment(0) | 日記

2017年09月26日

[レビュー]星に願いを/starlight starbright


レビューです。前回から四半期ほど空きまして少々久しぶりです。
今回は有料作品ですが各種イベントの他HPの通販でもお求め頂けます。

星に願いを/starlight starbright Prequel
星に願いを/starlight starbright Sequel
Rythme/Ark様)
 ジャンル:伝奇ビジュアルノベル (R-18)
 制作ツール:(不明)
 ED数:1(分岐なし)
 プレイ時間(体感):Prequel・ Sequel合わせて10時間程度
 プレイに至った経緯:イベントで目について購入しました

ss1.jpg

《ストーリー》(公式HPより引用)
お屋敷で暮らす魔法使いの物語。
天才と呼ばれる人形使いの物語。
どこにでもいる普通の男の物語。

少女は誰よりも強く生きて、
少年は誰よりも独り生きて、
青年は誰よりも鎖し生きる。

交わることなんてなかった三人が出会うのは、もう少し先のお話。

―あの日の希望(やくそく)、覚えていますか?

《レビュー》
eval_ss.png

2017年夏コミで前編・後編とサウンドトラックを購入しました。

まず…BGMがめちゃめちゃ良かったです!!!
和音進行が良いのでしょうか。あとシンフォニックだったり
程よい疾走感や存在感があったりと(音楽の表現は難しいですね;)。
実はプレイする前にサントラを先に聞いていたのですが初見でも惹かれました。
プレイ中やプレイ後に聞くと各シーンが蘇り更に良いです。

それからゲームの方について。

何と言っても主人公である桔梗と恭也、
各々の葛藤や変化が非常に魅力的でした。
そもそもパッケージの桔梗に一目惚れだったわけなのですが
期待を裏切らない良い子でした。
プレイ後にはもう少し2人を眺めていたかったなぁ…と。

話が飛びましたが、作品の概要としましては
ホウセンカと呼ばれる精神寄生感染者を収容した施設が瓦解し
患者が脱走、彼らが起こす事件を
主人公の桔梗や恭也が解決していくといったお話になっています。
一見普通の高校生に見えますが
桔梗は魔法使い、恭也は人形師という特殊能力を持っています。

最初は(プレイヤーに)わかりやすい事件から始まり
虫食いでどんどん真相が明らかになっていくのが楽しかったです。
謎解きはあまり得意でないのですが
選択肢も無いのでゆるく考えながら読み進められました。
それでも読み進めるとタイムライン(年表のようなもの)が埋まっていったり
サブシナリオが解禁されたりしていくので
ちょっとしたゲーム性があります。
あと最近気づきましたが、例え一本道シナリオでも
章ごとに読めるのは見返すときにとても有り難いです。

戦闘シーンが限られた画像枚数ながらよく動くのも
退屈しなくて良かったです。
音楽のかっこよさも相まって尚更です。

一方で何点か気になった点もありました。
1つはCGモードがあると尚良かったですね;
2つ目はR-18関連についてです。
特に無くても差し支えないといいますか、
メインディッシュでは無い印象でした
(元々そういうつもりで買ったわけでないので問題無いですが)。
あと確かにR-18なシーンとスチルなんですが
もう一歩エロティックさがほs…いえ、何でもないですorz
逆にR-18シーンでなくても終盤の主人公らや章吾の描写は好きでしたね。
年相応といいますか、彼ららしいといいますか。
最後に、複数の方がイラストを手掛けている作品になっていますが
プレイヤーとしてはイラストの統一感がある方が落ち着きます(欲を言えば)。
或いは線画は全部同じ人、色は全部同じ人…とか。
でも難しいのは承知です、こうもボリュームがあれば尚更。

あれこれ申してしまいましたが、
総合点が高い作品というよりかは
抜きん出て良いところのある作品がある方が好きなので…
とにかく満足してます!

以上です。
素敵な作品をありがとうございました。

製作サイト様:
banner-ra.png
posted by 倉下 遼 at 21:49 | Comment(0) | 他作品

2017年09月14日

拍手絵を入れ替えました


関東はまだ暑い日が続いているようで朝晩の涼しさは秋らしくなっていますので
忘れかけていた拍手絵の入れ替えをしました。
一年前に掲載していたものと同じです(汗
ディルの絵は拍手絵をしては今ひとつだったので書き直そうかと思ったんですが
そうこうしてるうちに秋が終わってもアレなので
諦めてさっさと入れ替えてしまいました。

丁度今日はジードの絵の如くかぼちゃのワタを取ってましたね。
今晩はお手軽なカボチャのスープにしました。
少なめの水で煮崩れるまでカボチャを煮て
そのままヘラで潰して牛乳を足して塩コショウ+バターをIN。おしまい。
反省点は、濾さないんだったらカボチャの皮はきちんと剥いておくべきでした。
ペラペラして舌触りが悪い。
滋養強壮にはなると思うけどアレはちょっと。


因みに同様の方法でジャガイモのポタージュも作れます。
というかコレがジャガイモのポタージュのレシピで作ったカボチャのスープなんだよな。
posted by 倉下 遼 at 20:57 | Comment(0) | 日記

2017年09月08日

Ren'pyのNew GUI Interface


久々にRen'pyネタ。最近ちょっと触ったらUIというかシスグラというか
いい感じに進化していて虜になってしまいました。
デフォルトでもかなりセンスのいいUIになる上、カスタマイズしやすい。

難点はgui.rpyで諸々完結するのかと思いきや
screen.rpyをいじってやらないと変更できない箇所があったりする点です。

例えばnvlモードの文書の行間を変更したかったのですが
gui.rpyからでは設定できず、
screen.rpy内のstyle nvl_dialogue:に
「line_leading gui.nvl_text_line_leading」を追加し
gui.rpyに「define gui.nvl_text_line_leading = 12」
を追加したらできました。

クイックメニュー(メッセージウィンドウ下部に出てくるSave, Loadなどのボタン)
についてもボタンサイズなどはgui.rpyから設定できるのですが
表示位置を上下左右に動かすのはscreen.rpyから設定しました。
(screen quick_menu():)
大抵の設定はscreen.rpyがgui.rpyで指定した値を参照してますが
たまにそうでないのがある、といった感じでしょうか。

あとデフォルトでnvlモードの高さ指定
(gui.rpyのdefine gui.nvl_height)がありますが
長い分が続く文字が重なったりして面倒なので
これは=Noneにしてしまった方がわかりやすいかも。

「nvl clear」がexcepted statement(予期せぬ記述?)として怒られると思ったら
ファイル名の付け方に問題があったようで、
ファイル名の頭にwをつけました。
だいぶ前にも言及しましたが、恐らくrpyファイルがファイル名順に読み込まれていて
ユーザーが作成したrpyファイルが
option.rpyやscreen.pry(もしくはlabel startを含むscript.py?)より
先に読み込まれると不具合を起こすのだと思います。

最近になってはじめて、Launcher(ランチャー)の右下の
Preferences(設定)からランチャーを日本語で使えるということを知りました。
でもフォントが気に入らないのでやっぱり英語で使い続けます。
英語の勉強にもなるし。

posted by 倉下 遼 at 21:56 | Comment(0) | Ren'Py

2017年08月26日

17.8.26更新情報


以前予告していたTEADのサントラを公開してみました。
何とか今月中にできて良かったです。
無くても別に問題無いとは知りつつもジャケット絵を描いてみました。
MP3や動画の編集をしたりイラストの背景を写真トレースする羽目になったり
慣れないけど新鮮な作業が多かったです。
密かにMP3ファイル内の情報もそれなりに入れ込んであります、
作者とかトラック番号とか。
そういえばトラック番号は作中での登場順で決めました。
頭から聞くと作品の雰囲気を思い出せるような感じで。
とはいっても倉下制作分のBGMしか入れてないので
肝心のクライマックスシーンのBGMはサントラではお聞き頂けません;
ゲーム中のサウンドテストでお楽しみくださいm(_ _ )m

結局動画作ったのにTwitterにupできなかった…といっても
画像が一枚貼ってあって音楽が流れるだけのものですが。

ところでサウンドの公開の在り方ってこんなんで良かったんでしょうかね…
各自で好き勝手な聞き方がし易いかと思ったのですが。
posted by 倉下 遼 at 22:35 | Comment(0) | 日記

2017年08月16日

まったり

こんにちは、倉下です。
一時期やたらと更新していたので1ヶ月も空くと久々な感じがします。

最近何をしていたかと言えば、
あまり表に出せるレベルにはなっていないのですが、
大量のスクリーンショット画像を簡単に取得したり
そいつらを一括で処理したりする方法を探ってました。
あと簡単な動画編集も試して、
PCから流れる音声の録音やスクリーンキャプチャ動画の作成、
トリミング、MP3ファイルの動画(MP4)化なども一応習得しました。
ffmpegというソフト?を使ってます。

需要があるかは別として
近々TEADのサウンドトラックをMP3形式で無料DLできるように整備しようと思ってます。
ただ今夏はいつもより家を離れてる時間が長いせいか捗りません;
まぁゆったりまったり進めます。
ふぅ。

(17/8/17追記)
余談で、追記に私事でも綴っておきます〜。

続きを読む
posted by 倉下 遼 at 11:53 | Comment(0) | 日記